溶射加工|溶射の村田ボーリング技研株式会社

溶射加工イメージ

Sprayed

溶射加工

ホーム > 事業案内 > 溶射加工

溶射とは

燃料-酸素の燃焼、電気エネルギーなどの熱源を用いて溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にした粒子を基に吹き付けて皮膜を形成する表面改質法の一種です。 溶射は他の表面改質法(表面焼き入れ、浸炭、窒化、イオン注入、メッキ、蒸着、肉盛溶接など)に比べて下記に上る多くの利点を持っています。

溶射の特徴

  • ほとんどあらゆる材質の基材に対して皮膜を形成できる。
  • 溶射材料の種類が非常に多い。
  • 多層型複合皮膜や傾斜組成皮膜を容易に形成できる。
  • 基材の寸法に制限がなく、また大型基材の限定された部分のみに対しても施工ができる。
  • 溶射熱による基材の歪みがない。
  • 皮膜の成膜速度がきわめて高い。
  • 現場作業が容易である。

溶射の機能

  • 耐摩耗性・耐食性・耐熱性・断熱性・耐熱障壁
  • 耐高温酸化・電気絶縁性・電気抵抗性・電導性
  • 電子放射・磁気シールド効果 ・遠赤外線放射
  • 軽量化・耐溶融金属・装飾・剛性向上
  • 制動距離短縮・離型性・造隙被削・無給油効果
  • センサー膜・滑り止め・摩耗品救済・超電導膜
  • その他

溶射の種類の図

溶射の種類

HVOF溶射イメージ

HVOF溶射(HVAF溶射)

酸素と燃料を使用した高速度ジェットフレームの溶射のことです。

プラズマ溶射イメージ

プラズマ溶射

プラズマ溶射ガンで生じるプラズマジェットを用いて溶射材料を加熱・加し、溶融またはそれに近い状態にして基材に吹き付ける溶射のことです。

ワイヤー溶射(ガスフレーム溶射・アーク溶射)

ワイヤー溶射(ガスフレーム溶射・アーク溶射)

溶射材料にワイヤー状の各種金属を使用する溶射です。

プラズマ溶射イメージ

自溶性合金溶射(サーモスプレイ)

自溶性合金粉末を溶射後、材料の融点まで加熱(フュージング)することよって基材表面 に溶着皮膜を形成させる方法です。

減圧溶射(真空溶射・VPS)

減圧溶射は制御された不活性ガス雰囲気中の中で行うプラズマ溶射法です。

ローカイド溶射

酸化アルミウム、酸化ジルコニウム、酸化クロムなどの酸化物セラミックスが溶射できます。

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる