減圧溶射|溶射の村田ボーリング技研株式会社

Sprayed

減圧溶射

ホーム > 事業案内 > 溶射加工 > 減圧溶射

減圧溶射とは

減圧溶射は制御された不活性ガス雰囲気中の中で行うプラズマ溶射法です。 
母材の余熱温度、溶射中の温度が上昇するとともに、粒子の飛行速度も非常に速くなるため皮膜密度は上がり結合力も高くなります。母材温度、溶射温度ともに高いために、減圧中での溶けた粒子は母材に当たっても急速には凝固しません。
大気溶射と比較して粒子の溶融状態が長く続くので、母材の不定形の形状も隙間なく溶射できます。

減圧溶射の特徴

  • 金属を溶射する場合、皮膚にほとんど酸化されない
  • 密着性が高い
  • 皮膜の気孔率が減少する
  • 溶射効率が高い
  • 余熱温度が高くできる
  • 溶射前後の溶射材料の科学的金属変化が少ない

減圧プラズマ溶射装置

減圧プラズマ溶射装置概観

プラズマ溶射中

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる