溶射加工 用語集|溶射の村田ボーリング技研株式会社

Sprayed

溶射加工 用語集

ホーム > 事業案内 > 溶射加工 > 溶射加工 用語集
溶射とは
燃料-酸素の燃焼、電気エネルギーなどの熱源を用いて溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にした粒子を基に吹き付けて皮膜を形成する表面改質法の一種です。溶射は他の表面改質法(表面焼き入れ、浸炭、窒化、イオン注入、メッキ、蒸着、肉盛溶接など)に比べて下記に上る多くの利点を持っています。
ガス式溶射とは
酸素と可燃性ガスとの燃焼炎を用いて行う溶射の総称
フレーム溶射とは
酸素と可燃性ガスとの燃焼炎を用いて線状、粉末状、棒状の溶射材料を加熱溶融し素材に吹き付けて皮膜を形成する。 フレーム溶射には、溶線式フレーム溶射(ワイヤー溶射)、粉末式フレーム溶射(自溶性合金溶射)、高速フレーム溶射(HVOF溶射)、溶棒式フレーム溶射(ローカイド溶射)がある。
溶線式フレーム溶射(ワイヤー溶射)
線状の溶射材料を用いる
粉末式フレーム溶射(自溶性合金溶射)
粉末の溶射材料を用いる
溶棒式フレーム溶射(ローカイド溶射)
棒状の溶射材料を用いる
高速フレーム溶射(HVOF溶射)
ガス炎を熱源とする超高速度溶射
電気式溶射とは
電気エネルギーを用いて行う溶射の総称
電気式に溶射には、アーク溶射、プラズマ溶射がある
アーク溶射とは
2本の線状の金属の溶射材料の間にアークを発生させ、その熱によって溶けた材料を圧縮エアジェットいよって微細化して素材に吹きつける溶射法
減圧溶射
チャンバーを減圧した雰囲気中で行う溶射
亜鉛溶射
亜鉛の溶射材料を用いる溶射
アルミニウム溶射
アルミニウムの溶射材料を用いる溶射
亜鉛・アルミニウム溶射
亜鉛・アルミニウム合金の溶射材料を用いる溶射
肉盛溶射
母材の摩耗した部分やミスカットした部分に寸法回復を目的として盛り上げる溶射
自溶性合金溶射
自溶合金の材料を用いて行う溶射
セラミック溶射
セラミックを用いて行う溶射
サーメット溶射
金属とセラミックを成分とする材料を用いる溶射
酸化チタン溶射
チタニウム酸化物(チタニア)材料を用いて溶射
酸化クロム溶射
クロム酸化物(クロミア)材料を用いる溶射
スピネル溶射
スピネル構造(アルミナ+マグネシア)の材料を用いる溶射
酸化ジルコニウム溶射
ジルコン酸化物(ジルコニア)の材料を用いる溶射
金属溶射
金属材料を用いる溶射
防食溶射
金属素材が腐食されるのを防止する目的で行う溶射
防せい溶射
鉄鋼材にサビが発生するのを防止する目的で行う溶射
内面溶射
パイプ、シリンダーなどの内面などに溶射すること
耐摩耗溶射
耐摩耗性のある皮膜を形成する目的で行う溶射
耐食溶射
腐食にたいして抵抗性のある皮膜を形成する目的で行う溶射
補修溶射
損傷した部品(物)を溶射加工で復元すること。
耐熱溶射
耐熱性のある溶射皮膜を作ること
高温酸化防止溶射
高温酸化を防止する目的で行う溶射
断熱溶射
断熱性に優れた皮膜を形成する目的で行う溶射
プラズマジェット
プラズマ炎をノズルから高速噴出させて作る高温・高速のガス気流
下地溶射(アンダーコート)
2層以上の溶射皮膜を形成する場合、その最下層の皮膜を形成させる溶射をいう。 皮膜の密着性向上、皮膜厚さの確保、素地の保護などが目的で施す。
素地(母材)
溶射される面
溶射粒子
溶融またはそれに近い状態で飛行している溶射材料
溶射皮膜
溶射によって形成された皮膜
ボンディングコート
溶射皮膜の密着性向上を目的として形成する皮膜
粒子間結合度
溶射皮膜を構成している粒子間の結合度合い
投びょう効果
溶射粒子が母材の粗面に機械的に絡みあうことに寄ってその皮膜と母材の密着度を向上される働き
合金層
溶射またはその後の熱処理などによって溶射皮膜と母材の境界に生成され合金層
付着量
単位面積当りに形成された溶射皮膜の質量
付着率
実際に使用した溶射材料と実際に付着した溶射皮膜の質量比
密着性
溶射皮膜が素材と結合している状態
中間層
アンダーコートとトップコートの間に形成する皮膜
トップコート
2層以上の溶射皮膜を形成する場合、その最上層の皮膜
溶着金属
溶射後の再溶融処理によって母材に溶着した自溶性合金皮膜
拡散浸透層
溶射後の再溶融処理によって溶射皮膜の成分元素と母材が相互に拡散された層
再溶融処理(フュージング)
自溶性合金粉末を溶射後に火炎や電気炉中などで溶射皮膜を溶融すること
断熱皮膜
断熱目的で形成する皮膜
アブレィダブル皮膜
削られやすい特性を持つ溶射皮膜
マスキング
溶射加工する際、ブラスト処理を行うがブラストが掛からないように素材をマスクすること
気孔
溶射皮膜中に含まれる隙間(開口気孔と密閉気孔がある)
気孔率
溶射被膜中の気孔の割り合い
溶射材料
溶射に用いる材料で金属、セラミックス、サーメットなど各種あり、形状は粉末、線、棒材がある。
自溶合金
ニッケル基、ニッケルクロム基、またはコバルト基の合金にホウ素、ケイ素を添加したした合金。 溶射ごの再溶融処理によってピンホールのない被膜が得られる。
前処理
溶射施工する場合、あらかじめ母材の状態を粗したり、必要に応じでマスキングを行う工程
粗面処理
被膜の密着性を向上させるために、母材に凸凹を付ける前処理。ねじ切り法、溝切り法、ローレット法、ブラスト法がある。
グリットブラスト
研削材を圧縮空気などで基材表面に吹き付けて研削して表面の洗浄化と粗面化を行う
アンダーカット
必要な溶射被膜を確保するために母材をマイナス加工すること。
マスク
ブラストおよび溶射加工する場合、ブラスト効果、および溶射被膜の付着を防止したい場合、母材部分に施す覆いのこと。
後処理
溶射後の後工程で施す処理。再溶融処理(フュージング)や封孔処理、加熱拡散処理などがある
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる