プラズマ溶射|溶射の村田ボーリング技研株式会社

プラズマ溶射イメージ

Sprayed

プラズマ溶射

ホーム > 事業案内 > 溶射加工 > プラズマ溶射

プラズマ溶射とは

プラズマ溶射ガンで生じるプラズマジェットを用いて溶射材料を加熱・加速し、溶融またはそれに近い状態にして基材に吹き付ける溶射のことです。図はプラズマ溶射ガンの原理を示します。
図中に示すように陰極と陽極間に電圧をかけ直流アークを発生させると、後方から送給される作動ガス(アルゴンがスなど)が電離し、プラズマを発生。そして、そのプラズマフレーム中に溶射粉末材料をアルゴンがスなどで送給し、溶射皮膜を形成します。

プラズマ溶射の特徴

基材の材質を選びません
プラズマ溶射は特殊な冷却を行うことにより、基材の温度を150°C以下に制御できます。
基材の組織変化、熱歪みを生じません。修理品にも可能です。
基材の材質は選びません(アルミ、銅合金、樹脂、ガラス等)。
良質の複合皮膜を製作します
プラズマ溶射は高温、高速プラズマ流により完全溶融され高硬度、粒子間の密着性が高い、高密度でなめらかな皮膜が得られます。
各種セラミック、窒化物、ケイ化物、炭化物の複合材料が溶射でき、均一な材質の皮膜が得られます。
基材に直接溶射するため、焼結のように割れる心配がありません。 溶射皮膜の基材との結合機構は、機械的からみ合いと冶金的、化学的相互反応 、自己結合等の特殊な性質を持っています。
当社独自の優れた表面加工を実現します
プラズマ溶射後の梨地仕上げ、鏡面仕上げなど独自な表面粗さを作ることが可能です。
溶射皮膜と他の表面処理を合わせ等、独自な性能を作り出すことが可能です。
摩滅摩耗・腐食に強い
プラズマ溶射皮膜は摩滅粒を含んだ腐食性のスリラーや、液を扱う部品。ポンプ部品(スリーブ、ハウジング、ライナー、インぺラー)、スクリュー、プラテン、磁気ヘッドなど。
硬い面摩耗に強い
硬い面が柔らかい面の上を動くと、柔らかい面の粒が喰われ摩滅粒として働いて摩耗をさらに早めることになります。こうした面摩耗から基材を守ります。線引キャプスタン、製缶用シーマーチャック、繊維機械の糸道など。
フレッティング摩耗に強い
接触する表面が小さい振幅の振動をうける時に起きる摩耗に耐える。ジェットエンジン、ガスタービンエンジンなどの部品。

フレキソ印刷用ロール
プラズマセラミック溶射
(耐摩耗)

ポンプ部品
プラズマセラミック溶射
(耐摩耗)

電極軸(銅)シール部
プラズマセラミック溶射
(耐摩耗)

伸線機械用ガイドロール
プラズマセラミック溶射
(耐摩耗)

押出気機部品
HVOF溶射 (耐摩耗)
伸線ガイドローラー
粉体式フレーム溶射(耐摩耗)
ディスクブレーキパッド
プラズマ溶射(断熱)

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる