ローカイド溶射|溶射の村田ボーリング技研株式会社

Sprayed

ローカイド溶射

ホーム > 事業案内 > 溶射加工 > ローカイド溶射

ローカイド溶射(溶棒式フレーム溶射)とは

棒状になったセラミックス酸素―アセチレン炎中に連続的に供給して溶融し、圧縮空気によってし微粒子かして連続的に吹き付けます。
酸化アルミウム、酸化ジルコニウム、酸化クロムなど酸化物セラミックスが溶射できます。完全に溶融された材料だけが溶射されるため、溶射皮膜は未溶融粒子を含まず粒子間の結合力が高いため、比較的靭性に富んだ皮膜が得られます。

ローカイド溶射の特徴

  • 耐摩耗性・耐熱性・電気的絶縁性に優れています。
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる