ル・マン24時間耐久レース |溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 「村田ボーリング技研」 > ル・マン24時間耐久レース 

2006_06/07

ル・マン24時間耐久レース 

この車のロータリーエンジンに溶射が使われた.png

マツダ、国産車初制覇。

未だその輝きを失わない歴史的な金字塔。

1991年ル・マン24時間、ロータリーに賭けた

情熱が世界を変えた瞬間だった.

 

「ロータリーで勝つ」その情熱がマツダをル・マンに駆り立てていた。

1991年、世界最高峰の耐久レースに挑み続けていたマツダのマシンは

耐久性、信頼性を大幅に向上させていた。

しかし、彼らの勝利を予想するものはまったくいなかった。

本命の1つ、ジャガーはこれまで以上に

高い信頼性を獲得したマシンを作り上げていた。

ライバルと目されていたメルセデスは、脅威のスタートダッシュで

序盤から1-2-3フォーメーションを作り上げてしまった。

・・・・・・・そして戦いは予想のつかないサバイバルレースと突入していった。

ゼッケン55、チャージマツダ787B、ハーバート、ヴァイドラー、ガショー。

ル・マンの長い歴史の中でついに日本車がその頂点に立った。

若きミハエル・シューマッハの走り、プジョー905のル・マンデビュー。

そしてロータリー最後のル・マン。

1991年はまばゆい光を放った戦いがあった。

(ジャングルジム制作、LEGEND OF MAZDA」

1991ル・マンロータリーパワーの軌跡より転記)

 

チャージマツダ787Bのロータリーエンジンに

当社が得意としている「溶射技術と言う耐熱・耐磨耗表面処理」

が施されていることを知っている人は少ないと思う・・・!

1991年にマツダが優勝して以来日本車の優勝は無い。

今年の第74回 ル・マン24時間レースは6月17日〜18日 

フランスのサルテサーキット(公道・全長13.605Km)で開催される。

頑張れ日本

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる