「相田みつをさん」 と 「じねん焼きせんべい」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 「村田ボーリング技研」 > 「相田みつをさん」 と 「じねん焼きせんべい」

2016_08/03

「相田みつをさん」 と 「じねん焼きせんべい」

先日来社していただいたお客様から栃木県佐野市にある加藤米菓店製の「じねん焼き」 せんべいを頂きました。

じねん焼きの「じねん」とは「自然」のことで、名付け親は足利市出身の相田みつをさん。

包装紙のデザインを相田みつをさんに依頼したところ、商品名も宣伝文句も考えてくれたそうで、

現在の包装紙も昭和40年から使っているそうです。

地元では知らない人はいないと思いますが、私としては初めて知りました。

せんべいの味ですか?

もちろん、おいしかったです!

「Yさん、ありがとうございます」

以下、「加藤米菓店」のHPより抜粋

じねんとは自然のことです
遠いむかしから日本人がたいせつにしてきた自然のことです
自然のこころ 自然の味を一枚一枚の中に生かすことに苦心しております
お客さまから「これはうまい!!」とお声がかかれば望外の幸せでございます~ 
相田みつを


包装紙はあいだみつお氏によるデザイン。40年ほど前に、書家で詩人のあいだみつをさんと出会いました。
そして「じねん焼き」と名付けてもらい、加藤米菓店(富)の包装紙や箱のデザインを全て手掛けていただきました。
これは、あいだみつをさんが考えてくださった言葉で、当店のしおりに書かれているものです。
この言葉が原点なのです。これをモットーに日々精進するのみなのでございます。

「じねん焼き」は「薄焼き」「手焼き」「青のり」「海苔」など7種類。
中でも加藤さんが「ひと味ではなくふた味は違う」というのが焼きたての煎餅にしょうゆをハケでつけた「手焼き」。
しょうゆがほどよく染みた同店自慢の一品だ。相田みつをも好きだったという「じねん焼き」。

自然焼きHP
http://sano-senbei.jp/

自然焼きせんべい
自然焼きせんべい

自然焼きせんべい
自然焼きせんべい 相田みつおデザイン

自然焼きせんべい
じねん焼き 相田みつお筆

自然焼きせんべい包装紙 相田みつおデザイン 

コメント(9)

  • 2016年8月3日06:46

    おはようございます。

    1口かむとジワ~!と味が口いっぱいに広がりそうな煎餅ですね。(^^)

  • 2016年8月3日07:06

    しばらくぶりです・・・ 美味し気なおせんべいのお話と 名付け親さまのお話を有難うございました。
    自然の山芋を、自然薯(ジネンジョ)といいますが・・・これも自然ですもんね! 
     応援完了

  • 2016年8月3日07:20

    おはようございます。
    美味しそうなお煎餅ですね。
    ☆~

  • 2016年8月3日07:27

    おはようございます。

    食べてみたいです!

  • 2016年8月3日07:30

    溶射屋さん、おはようございます。
    昨年相田みつをさんの息子さんの講演をお聴きした時にこのお煎餅のお話があったことを思い出しました。本当に美味しそうですね!(^^)!
    今日もよろしくお願いします。

  • 2016年8月3日08:41

    おはようごございます。
    凄く美味しそうなお煎餅ですね。

    ポチッ!

  • 2016年8月3日12:09

    こんにちは。
    とても美味しそうなおせんべいですね。
    HPも素晴らしくて、食べたくなりました。(^^ )

  • 2016年8月3日19:58

    こんばんは。

    相田みつをさんのデザインなのですね。
    これは貴重です。
    包装紙を喜ぶファンがたくさんいるでしょうね!
    私も欲しいです~

    ポチっ

  • 2016年8月3日20:39

    こんばんは(^-^;

    デザインもいいし、地元を愛す気持ちもまたステキですねw こうやって地方が活性化していくことは喜ばしいことです!!

    佐野といえばらーめんでしたが、今度行ったときにはお土産にしたいと思いますw

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる