身体が震える位に感動しました!|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 映画 > 身体が震える位に感動しました!

2016_10/10

身体が震える位に感動しました!

昨日、「ハドソン川の奇跡」を見ましたが、これほど感動を覚えたのは久しぶりでした。

2009年1月15日、厳寒のニューヨーク・ラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便の不時着着水事故に基づく映画です。

乗客、乗務員155名を乗せた1549便は高度わずか約850メートルで鳥を両エンジンに巻き込んでしまい推力を失うトラブルに見舞われ70トンの鉄の塊と化してしまう。

上昇中の事故のため、速度も370キロしかなく、急速に高度を下げてゆくが、眼前に迫るのは人口160万人の大都市マンハッタン。

1549便に残された滑空距離と滑空時間はわずかという絶体絶命の危機に陥った機体を操縦するサレンバーガー機長は、最短の距離にある空港への緊急着陸をアドバイスした管制官とは違った、ハドソン川への着水を選んだ。

これは彼の42年間の長い航空人生で養った経験から瞬時に選択したのだった。

エンジン停止から着水決定までわずか40秒、離陸してから着水まで5分程度の間に起きた全員生還の奇跡の実話。

しかし物語はこれでは終わらなかった・・・・・。

主演のトム・ハンクスの演技が本当に素晴らしく、最後のシーンは身体が震えるくらい感動して涙が溢れてきました。

こんなに感動した映画は久々、真っ赤な目をしながら売店で映画のパンフレットを買った私です。

ハドソン川の奇跡
ハドソン川の奇跡のパンフレットより!

ハドソン川の奇跡
ハドソン川の奇跡

コメント(11)

  • こんのさん
    2016年10月10日07:13

    あぁ いい感動! よかったですねぇ よかった

  • 2016年10月10日07:14

    おはようございます。(^^)

    この出来事はドキュメンタリーか何かで見ましたが機長の判断と操縦技術は素晴らしいですね。

  • 2016年10月10日07:38

    おはようございます。
    とても良い映画でしたね。いざという時の判断力と決断力、
    憧れます。

  • 2016年10月10日09:46

    溶射屋さん、おはようございます。
    これは絶対に観に行きたいと思ってます。もの凄い話題になってますね!(^^)!
    今日もよろしくお願いします。

  • 2016年10月10日09:58

    いいですね。私も見てみたいです♪

  • 2016年10月10日18:11

    こんにちは

    そんなに素晴らしいのですか!

    劇場で見てみます。

  • 2016年10月10日18:56

    題名は知ってます

    そんな感動する映画なら見てみたいなあ

  • 2016年10月10日19:38

    こんにちは。
    クリント・イーストウッド監督ファンの私も見ました。
    トム・ハンクスの演技も素晴らしかったですね。
    話の構成も良かったです。ほかの監督なら208秒の出来事を中心に
    長々と真実みのない映像になるでしょう。
    96分間があっという間で物足りないくらいの映画でした。
    だから良かったのでしょうね。

  • 2016年10月10日20:14

    おばんです★ミ

    芸術の秋。休日にゆっくりと映画館で映画鑑賞っていうのもいいものですねw ぼくの場合、食欲の秋と、スポーツ観戦の秋ばかりなので。。。たまには大人の休日を味わってみようかな^^;

  • 2016年10月11日03:20

    おはようございます。

    USエアウェイズ1549便の不時着着水事故。
    何の番組だろう??
    以前にTVで放送されたのを見たことがあるんです。
    しかし、映画となると更に詳しく、また迫力のある映像になっている事と思います。
    見たい!!と思わせる映画です。

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる