タヤマ学校|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

タヤマ学校

2012_11/14

名前の呼び方

10年くらい前に受講した3泊4日の「タヤマ学校」で今も実践していること。

それは全ての人を「さん」づけで呼ぶこと!

年上の人に
は「◯◯さん」、同じ年齢だと「◯◯君」、年下は「呼び捨て」が普通。

上も下もなく「さん」付けで呼べば全てが平等になるのではと、、、。

やり始めて11年経過、いまでは友人に対しても「◯◯さん」と言わないと気がすまなくなりました^^;

 

タヤマ基本研修 部下の応援
社員がタヤマ学校受講、応援に駆け付けました(6年前、49歳)

2011_01/25

タヤマ学校 基本研修

先日、田山敏雄著「エスキモーに氷を売れ」を、ご紹介させていただきました。

この本は1991年に発行され、既に絶版になっていますが現在では「エスキモーに氷を売れ」が2007年に発刊されています。

絶版になった、「エスキモーに氷を売れ」の著者紹介に、
以下の事が書かれています。

昭和34年に(株)東芝に入社し、当時東芝再建で乗り込んできた土光敏夫の秘書を務める。

その後、ブリタニカ(百科事典)横浜支社に入社、独自のセールスノウハウ(タヤマトーク)を確立し、世界一のトップセールスとなる

昭和43年に横浜支社支店長に就任してからグループとして32週連続世界一という記録を達成。

「タヤマトークを学びたい」という人たちが数多く現れ、「タヤマ学校」が設立されて現在に至っています。

実は、村田ボーリング技研の社員の80%以上が3泊4日のタヤマ学校、基本研修に数年間をかけて参加しました。

まず、この基本研修に参加したのは溶射屋


過去の資料を調べたら10年前の2001年7月の受講でした・・・。

タヤマ学校基本研修とは、日常の生活では得られない色んな「気づき」を得ることのできること。

ほとんどの受講生が「自分が、周りにの人達によって支えられているということや、「仲間っていいなぁぁぁ〜」ということに強烈に気づく。

「気づき」があれば、「現実を改善しよう」とするので、自分が変わって「習慣化」し、「環境(周り)を変えて行こうとする」

あとは「持続継続」!

10年前のセミナー終了後にまとめたメモが出てきました・・・。

○自分がまず相手を好きになる。

○本気で部下を好きになる。

○肩書きや経験で物を言わない。

○夢中になって好きになれば相手が認めてくれる。

○相手と同じ目線で自分自身を売る。

○今頑張らなければいつやる?

○綺麗な景色を見て「綺麗」と思える感性をいつも身に付けること。

○感性を曇らせないこと。


これらの文章を読んで、持続継続がなにも出来ていないとに大反省。

人間は黙っていると楽なほうに流されやすい動物ですから、常に自らを律しておく必要があるんでしょうね。

溶射屋ブログ「タヤマ学校アーカイブ」

追伸・・・久しぶりに見た「まとめ」ですが、この間の弊社主催の勉強会講師、福島正伸先生が話していた内容とほとんど変わらない事に気が付きました。

後は実践あるのみですね・・・。

 
タヤマ基本研修 卒業証書

2006年8月 タヤマ基本研修 卒業の宮○さん(真ん中)

 
タヤマ基本研修 部下の応援

2006年11月 部下の応援(タヤマ基本研修)に駆け付けた松○さんと太○さん

 
タヤマ基本研修 部下の応援
タヤマ基本研修 部下の応援

2006年10月 部下の応援に駆け付けた紅○さん(上)と溶射屋(下)。

これから”かぐや姫”の「青春」と言う歌を歌う準備に入るところ。

バカ(いっちゃうこと)になることも研修のうち・・・(^^ゞ

タヤマ学校は設立40数年間で延べ2500社・65000人の卒業生がいるそうです。

 

 かぐや姫 青春 カバー曲

2007_03/14

タヤマ学校 塩○さん

タヤマ学校の塩○トレーナー

昨年までは社員を2名づつ派遣していたので毎月のように会っていたが、今年に入って研修が一段落したので数ヶ月お会いしていない。

先週電話が掛ってきて「社長とはお会いしていないけどブログを毎日見ているので何となく社長の行動や気持ちが伝わってきてそんなにお会いしていないとは思えないですよ」と嬉しいことを言ってくれた。

こんなブログでも毎日見てくれる人が少しずつでは歩けど増えてきました。

本当にありがたいことだと感謝しております。

タヤマ学校 塩○さん.jpg

2006_12/11

タヤマ学校

タヤマ学校の基本研修は日常の生活では得られない色んな「気づき」を得ることのできる研修。

「気づき」があれば、「現実を改善しよう」とするので、自分が変わって「習慣化」し、「環境(周り)を変えて行く」

殆どの受講生が「自分が周りにの人達によって生かされている」ことや「仲間っていいなぁぁぁ〜」とタヤマモードとなる。

あとは「持続継続が問題!」

「せっかくチャンスを貰ったんだからモノにしようよ!!」

タヤマ修了書授与 石○さん.jpg

今日はタヤマ学校へ応援に行って来ました。

写真は「終了証書」を受ける石〇さん

「いや〜社長!楽しかったですよぉぉ〜、研修を受講させていただいて本当に良かったデス・・・・」

タヤマ修了書授与 集合写真.jpg

房長(班長)に修了証書を渡している班員!

みんな本とにいい顔をしている

この写真撮影後すぐに「連絡事項の伝達」となってしまい班員の集合写真を撮ることができなかったのが残念

タヤマ大野建設さん.jpg

パーティーで名刺交換させてただいた「大野建設㈱」の右から大野さん、吉田さん、飯野さん

昨年の9月から「基本研修」に送り出していると言っていました。

今後お会いするときは宜しくお願いします。


2006_11/06

タヤマ学校 応援 イン 御殿場 東山荘

朝日.jpg

今日の朝日

今日も綺麗だった

 

 

馬鹿になっている私です(笑).jpg

ネクタイを頭に巻いて「唄」の為の準備をしている私です(笑)

 

 

同じく馬鹿になっている左から太○さん、松○さん.jpg

左は太〇さん

右は松〇さん

両人とも”バカ”になる準備をしている状態です(笑)

 

タヤマ応援 橋○班員.jpg

タヤマ応援.jpg

橋○さんとその班員

タヤマ応援.jpg

タヤマ応援.jpg

大○さんとその班員

 

タヤマ応援.jpg

タヤマ応援.jpg  知人の河○さん

 

 

皆いい顔をしているね!

あとは持続継続あるのみ!!

2006_10/18

タヤマ学校 トレーナー

タヤマ学校、トレーナー塩○さんです。

10月度に基本研修に参加した赤○さんの報告に見えました。

 タヤマ学校・基本研修は”気づき”の訓練。

この研修を受講することによって例えば”自分は一人で生きているのでは無く回りの人達によって支えられて生かされている”というような従来の生活環境では思ったこともないような沢山の事に”気づく”ことができます。

 色んな事に”気づく”事によってそれを修正しようとし、それを持続継続することによって変革して行く。

受講する前は今の環境を帰るのは回りが悪いと人のせいにしている人が”自分が変わることによって環境を変えることができるんだ”というようなことも”気づく”。

当社は5年間をかけて70人を受講しました。

 http://www.tayama.co.jp/index1.html(タヤマ学校 ホームページ)

タヤマ学校 塩○トレーナー.jpg
いつも元気な塩○さん ・最近ちょっと太めかな?

2006_10/10

タヤマ学校 応援

今日はタヤマ学校基本研修に新入社員の”赤○さん”が参加しているので、課長の紅○さんと一緒に多摩市にある「ウエルサンピア多摩」まで応援に行ってきました!

今日から東名集中工事が始まるのでどうなることやらと思ったけど何とか8時40分には到着。

紅○課長.jpg
紅○課長(ズボンを上げながら・・)「よう〜し、唄うぞ!」

取りあえずネクタイははずしている図!!

村田光生.jpg

私です。ネクタイをハチマキ代わりにして、上の紅○課長より「バカ」になっている状態 (笑笑)

ネクタイを巻くのはは決して「ふざけているのでは無い」ことを知っているのはタヤマ学校研修経験者だけですね(笑)


右から2番目・赤丸さん.jpg
終了証書を持っている赤○さん(一番手前)を含む班員と私(左端)です!

「終了バンザイ!!!」

でも「今日が終了ではない、今日がスタート」です。

人間というのは「自分が変われば回りを(環境)を変えていくことが出来る」のに、「自分は正しく、周り(環境)が悪い」と決め付けちゃうところがあるんですよね!

「周り(環境)が悪いと決めるけた時から自分の成長は止まってしまう」ことを改めて考えさせられました。

今日、タヤマ校長が「モナリザの正体は?」という質問がトレーナーや受講生に投げかけられた!なんでも最近「ニュースで放映された」ということらしい!

「この質問の答えは何だ」と次々と当てられるが誰も答えられない。

最後に当てられた人が「分かりません」と答えたら、校長が「それが答えだ」とのこと。

全員「えっ!?」

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる