生き物|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

生き物

2016_11/02

「地域、社会、そして世界を変えるのが目標です!」

ある少人数の勉強会に出席しました。

全国各地から集まってきた来た人たちですが、皆さん凄い方ばかり。

「30歳代は仕事を通じて日本を変える努力をしたけど、40歳代は子どもたちに夢と希望を与えることが目標」

「働く喜びがある会社を通じて地域社会、おいては世界を変えていきたい」

「人の夢を応援すること。利他の心で残された人生を役立てたい」

「自分の経験を生かして医療業界の環境を変えていきたい」

「とにかく人が大好きで、関わった人たちを元気にしたい」

出席した人たちの自己紹介を聞きながら、自分には明快な目標がないことに気が付くと共に、本気で地域や社会や世界を変えようとしている人たちから、数多くの元気を貰いました。

「熱く夢を語る」ということは、こういうことなんだなぁ・・・!

幻想的な空模様
幻想的な空模様


2016_09/07

意識することが大事です!

これから買おうと思っている乗用車が走っていたりすると、「あれ、こんなに多く走っていたんだなぁ」と気が付く。

女性が妊娠すると、妊婦さんがこんなにもいたんだということに気が付く。

「人生ツイている」と思っている人は、日々のツイていることに気が付き、「ツイていない」と思っている人は、ツイていないことに気が付くようになる。

さて、どうすればツイてる人生を送れるかは明白です。

夜明け
素敵な夜明け

2016_09/02

知らないふり!

会話の中で、相手が話そうとする内容を知っているような時に、「それ、知ってる!」と言うこと多いです。

心の師の福島正伸さんが講演会の中で、「知っていることでも、知らないふりをして聞くんです。知っていることでも知らないふりをして、聞いてあげれば、相手が喜ぶんじゃぁないですか〜?」と話していました。

自分が知っていることでも、ぐっとこらえて聞いてあげて、「いやぁ〜参考になることを聞かせてもらってありがとう」と言える人は人間の器も大きいですが、回りからの信頼も厚いんでしょうね。

写真の、ネッツトヨタ南国の横田相談役は、知らないふりが得意な人なんだろうなぁと思っています。

ネッツトヨタ南国 横田相談役
ネッツトヨタ南国 横田相談役

2015_12/18

大久保寛司著「考えてみる」

大久保さんは、元IBM社員で、CS(顧客満足)部長を最後に51歳で独立。

部長職の時に社長を含め、役員に対して社内研修会をも行ったことがあるそうです。

「言葉だけでは人は変わらないし、心から動かない」

「相手に、どれだけ気づきを与えることができるか」

大久保さんのコーディネートする視察会に出席して数多くの学びを得ました。

氏が書いた書籍やDCD,CDを毎日のように読んだり見たり聞いたりしていますが、その度に反省させられることばかり!

写真の大久保寛司著「考えてみる」・・・出会いに学び、己に問いかけ、心を磨く、須玉の言葉たち・・・もその一つ。

大久保さんの話しを一度でも聞いた方だったら、特に心に響いてくること間違いありません。

本の裏表紙に書かれていた言葉!

最近、自分でわかってきたことがあります。
それは自分がわかっていなかったこと、わかっていないことです。
自分にはまだまだ見えていない、そのような自分がみえてきました。
書きつづったものの多くは、自分に向けた言葉です。
なりたい自分の姿でもあります。
恥ずかしいことですが、これが自分のレベルです。
10年後に振り返ったとき、少しでも進歩向上している自分でありたいと思います。

大久保さんに出会ってから、謙虚に生きていくことの重要性を感じています。

大久保寛司著 考えてみる
大久保寛司著 考えてみる


2013_08/14

セミ抜け殻・銀座通り

毎日ワンちゃんのお散歩で行く自宅近くの公園、いつも気になっていたシーンを撮影しました。

これをみて、「セミの抜け殻、銀座通り!」というタイトルが頭に浮かびました(^^)

ネットで調べたらセミは幼虫として3年〜17年も地中で過ごして、地上にいるのは1ヶ月弱だそうです。

セミの抜け殻

セミの受け殻

 

セミの抜け殻

セミの受け殻

2013_03/24

学びを得た日!

我が家のラブラドールレトリバー犬、「クララ」が13歳で亡くなりました。

1月初旬にガンに侵されたひぞう摘出手術をした後は「術後なの?」と思うくらいに元気一杯だったのですが225朝の6時半ごろ散歩に行こうとした時には既に息が有りませんでした。

亡くなってから、「あれもしてあげればよかった、これもしてあげればよかった」と反省しきりですが、もうどうしようもありません。

クララの死から、我が両親(父85歳、母83歳)に対して、悔いの無いような親孝行をして行かなければいけないなぁと、つくづく感じた次第です。

きっとクララがそういうことを教えてくれる役目でもあったかもしれません。

我が家には14歳になるコニーが元気なので、クララの分までかわいがってげたいと思っています

「クララ、13年間ありがとう!」

 

ラブラドール・レトリバー

ラブラドールレトリバー・クララ

 

ラブラドール・レトリバー

ラブラドールレトリバー・クララ

 

 ラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリバー・クララ

 

 ラブラドール・レトリバー

クララ(左)とコニー(右)

 

 ラブラドール・レトリバー

かわいらしいでしょ^_^;

 

 

2013_02/11

菜の花

1月31日の昼休み、徳願寺山見晴台に。

1月8日に行った時よりも菜の花が数多く開花していて、ミツバチ君が一生懸命に蜜を吸っていました(^^)

菜の花

菜の花を撮影していたらミツバチが飛んできました。
 

菜の花

菜の花とミツバチ
 

菜の花

逆光の菜の花を撮りたかったのですが、思うように撮影出来ませんでした

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる