社長メッセージ

MESSAGE

50年後、100年後も発展し続ける会社へ。

弊社は、1950年に創業し、「人々の安心と幸福を実現するために、一人一人が品性の向上と三方良しの経営を目指し、存在感のある企業として、社会の進化発展に貢献できる企業」を目指しています。以来、自動車やオートバイなどのエンジンボーリングを目的に、独自の技術開発とレベル向上に努め、徹底した差別化により高付加価値を生み出し、お客様に安心と満足をお届けしてまいりました。創立者の志はご縁に恵まれ、多くの企業の皆様に評価していただき、67年連続黒字という実績をあげています。しかし、近年、人々の暮らしやビジネスは大きく変化しています。弊社はこの時代の転換期を新たなステップアップと捉え、「人を大切にする経営」をさらに追求し、永続的な発展を目指していきます。

「本当にいい会社」を目指して。

「いい会社とは」の考え方は100人いれば100人の答えがあると思います。私自身、社長という業に務めたばかりの頃は「いい会社」=品質、業績、など、ぼんやりとした「いい会社」を目指し四苦八苦していました。ですが、様々な企業様を見て、学び、本当にいい会社とは「人」だということを実感しています。
現在では会社の業績が良好でも倒産する時代にあります。それはなぜかというと、人手不足だからです。少子高齢化が進み、人材の確保がこれからの企業にとって生命線になります。これは、社員だけではなく、その家族、仕入れ先様の社員、その家族、お客様、地域の皆様など、全ての支援者様が「いきいき」と豊かな生活ができる会社であることが重要だと考えます。顧客満足の為に社員が疲弊するのではなく、社員が満足できる環境を作ることができれば、品質の高い製品やサービスというカタチで、結果、顧客満足に繋がると考えています。全社一丸となって志を高くもち、これまで培ってきた強みを活かしながらこの変革期を乗り越えることで、さらなる成長を実現していきます。

ワーク春日 点字名刺作成風景● 社会貢献への弊社の取り組み
身障者の雇用拡大の為にまずは点字名刺から
※写真引用:就労継続支援B型事業所 ワーク春日様

就労継続支援B型事業所 ワーク春日