社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2020.09.27

久しぶりの整体!

昨日数年ぶりに整体院に行き、体をほぐしてもらいました。

40年前から腰痛とは親しい友人ですが、数年前から首凝りも新しいお友達になっています!

以前は施術代が60分で4000円位だったように思いますが、今回訪問したところは6000円からでした。

施術コースによっても料金が違いますが、基本料金は上がっているのでしょうね。

現在63歳になっているので、定期的な体のメンテナンスはお金を掛けても必要なことだと感じました。

幻想的な空模様

この記事をシェアする

2020.09.26

今までの大企業の論理では生き残れない!

先日、ある会合に出席、メンバーの中に静岡県を代表する資本金1400憶、売上高3兆5000億円の大企業の方がいました。

コロナウィルス問題で地球規模であらゆる企業が生き残りをかけているのが現状です。

ある方が「コロナ禍の中で、どの企業も苦しい経営を強いられいるので、大企業は外注している仕事を内製化することもあるのではないですか?」との質問をしました。

外注しているのを内製化することで、協力会社や下請け会社がより苦しくなるのは目に見えています。

大企業の方の回答が「実力のない企業は(仕事が無くなるのは)仕方ないと思います!」

大企業の「自分さえよければいい」という旧態依然の考えにガッカリしてしまいました!

もう時代は変わっています。

「この苦しい時だからこそ、協力会社や下請けとその家族を幸せにするために協力し合って生き残ります」という考え方ならこの大企業も更に発展して行くと思いますが、

「協力会社や下請けを大事にしない会社は生き残って行けない」

・・・と思うのは私だけではないハズ。

恩師坂本光司先生が「仕入先・外注先とその家族を大切・幸せにしなさい」と提言しています。

「仕入先・外注先とその家族は社外で自社に協力し、仕事をしてくれている人々のことを社外社員といいます。効率の悪い仕事をしてくれているのですから、従業員の次に大切にすべき人々です」

坂本光司先生

この記事をシェアする

2020.09.25

国家機能停止になるのでしょうか?

日本の法律は最終的に天皇が署名をしないと公布されないことは学校で教えてもらっているはずですが忘れていることではないでしょうか?

それ以外にも日本国憲法に「天皇の国事行為」が記されていますが、突然の不幸で天皇と皇位継承者が不在となった時には下記の国事行為を開催することができなくなります。

その際には、国家機能が停止することになる・・・・のでしょうか?

第1章 天皇第7条 【天皇の国事行為】

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

1号 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
2号 国会を召集すること。
3号 衆議院を解散すること。
4号 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5号 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに
  全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
6号 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
7号 栄典を授与すること。
8号 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9号 外国の大使及び公使を接受すること。
10号 儀式を行ふこと。

皇旗

この記事をシェアする

2020.09.24

悩み多き人生&実り多き人生!

「周りが思うように動かない」と思っている人ほど、不満が多い。

自分ができることを実践しないので何の改善もなく、周りからの信頼がない。

そして、精神的にも良くない状態が続くことになり、悩み多き人生となる。

反対に、目の前に起きること全てを「自分を成長させるために起きている」と思える人は自分ができることを実践することで周りからの信頼が厚くなり、実り多き人生となる。

さて、僕ははどちらなのかな・・・?

自宅近くの公園

この記事をシェアする

2020.09.23

神社と国旗

昨日、国旗についての記事を投稿。

そういえば伊勢神宮にも国旗を掲揚していたし、出雲大社に大きな国旗がありました。

「神宮」とは、明治以降、天皇、皇室の祖先神や大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社の一部が「神宮」となった。

「大社」とは格式の高い神社。

神宮とは皇室と縁の深い神社なんですね。

きっと国内の「神宮」と「大社」の名称がついているところは、国旗が掲揚されているのでしょう。

「靖国神社」や我が地元の「静岡県護国神社」には掲揚されています。

それ以外の「神社」には掲揚されているのかな?
日本国国旗

この記事をシェアする

2020.09.22

国旗を見かけない国!

以前は「国民の祝日」は「旗日」といわれて、門戸に国旗を掲揚して祝っていたものですが、

近年では掲揚する家は見かけなくなってしまいました。

昨日、「老人の日」に7km走りましたが国旗を掲揚している家は1軒も無かったのは寂しい限りです。

現代の日本人としての国旗というのは「スポーツの国際試合などで”特別”に使われるもの!」位にしか思われていないのかもしれません。

これだけ国旗を大事にしない国民はないのではないでしょうか?

国旗を掲げるという行為は愛国心の表現の一つだと思います。

我が家ではうっかり忘れちゃう時もありますが、掲揚しています(汗)

日本国国旗

この記事をシェアする

2020.09.21

「お彼岸って何?」

お彼岸シーズンにお墓参りにいくとお供え物の花がずらりと並んでいるのが印象的。
 
昔からの伝統が薄れかけている中で、祖先を思う気持ちを大切にしている素晴らしい伝統習慣だと思います。
 
お彼岸って何?・・・ということで調べてみました。
 
・・・・・・・・・・
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である此岸(しがん)にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」、すなわち「彼岸」(ひがん)の境地へ到達することが出来るというもの。
 
太陽が真東から昇り、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことができると考えられていた。

お墓

この記事をシェアする