社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019.12.08

いきいきワークスタイル通信に掲載!

下記は新人のSさんが「人事担当者ブログに」投稿した記事をご紹介します。

いきいきワークスタイル通信に掲載!

いきいきワークスタイル通信に村田ボーリングの取り組みが掲載されました。

なぜ掲載されたかというと、静岡市が行う「多様な人材の活躍応援事業所表彰」の奨励賞を頂いたからです。

会社側が社員に対して働きやすい環境づくりができているかなどを審査し、選ばれる賞です。

村田ボーリングでは、社長が『社員を幸せにする経営』=いい会社を目指しており、福利厚生が充実しています。

是非リンクからチェックしてみて下さい。

http://shizumatch.jp/shizuoka-ws/introduction/831/

活き活きワークスタイル通信

この記事をシェアする

2019.12.07

変化を求めない組織は時代に取り残される

少子高齢化社会に突入し、人口が減り続けるしかない日本。

地球規模で商売をしている大企業ならともかく、国内だけで仕事をしようとしている企業は時代に合わせて組織を変えて行く必要があります。

「今のままで問題がないのだから、これからも同じように続ければいい」

こんな考えを持っていると時代に取り残されるのは間違いありません。

写真は村田ボーリング技研HP
写真は村田ボーリング技研HP

この記事をシェアする

2019.12.06

「そんな話は聞いてない・・!」に対応できる人!

何をするにも事をスムーズに進めるには「根回し」はとっても大事なこと。

しかし、時にはルール通りにいかなかったり、うっかりミスで根回しできない場合などイレギュラーなことが起きてしまうこともあります。

そのような場合に「そんな話は聞いてない・・・!」とつっぱねてしまうか、聞いてなくても事がスムーズに進むことを優先しようとするのか・・・。

ルールに従い事を進めることが大前提ですが、そうでない場合にいかに柔軟に対応するか・・・。

きっと、柔軟に対応できる人ほど周りからの信頼が厚いのは間違いありません。

静岡市内

この記事をシェアする

2019.12.05

それは「陰ボメ」ですか「陰口」ですか?

合う人ごとに他人の陰口を言う人

他人の陰口をいえばいうほど信頼を無くしていることに気がつきません。

反対に,「陰ボメ」をいう人は信頼が厚いのは間違いありません。

他人のことは良く分かりますが、自分のことは分からないものなので、意識して気をつけたいものです。

・・・・、それは「陰ボメ」ですか、「陰口」ですか?

素敵な空模様

この記事をシェアする

2019.12.04

自分の常識は、他人の非常識かもしれない!

人は常に自分の言動が正しいと思うもの。

なので。つい自分の意見を主張しがちですが、ひょっとしたら自分の常識は他人の非常識かもしれないということを高い位置から俯瞰することっても大事なことではないかと。

人の話しを最後まで聞かない人ほど自分の意見を曲げない傾向にあるんじゃぁないかなぁ!

頑固に自分の意見を変えない人もいますが、柔軟に対応できる人ほど周りからの信頼は厚いと思います。

素敵な空模様

この記事をシェアする

2019.12.03

人を変えることはできない!

下記文章は1年半前に下書きとして保存していたものですが、恐らく大久保寛司さんの文章ではないかと。

大久保さんからはいつも「ハッ!」させられます。

・・・・・・・・・・

「人を変えることはできない」
人を育てるのではなく、人が育つ環境をつくる、
人を育てるは間違っているし傲慢
人を育つ環境を作ることが大事!
「奇跡のりんご」りんごを育てるのではなく、りんごを育つ環境を作ることが大事

部下が育たないのは自分が育つ環境作りができていない
タイミングを図ることができない、
深から信頼されていないから声が届かないので部下が育たない。
全ての責任は自分
自分が育つこと!

人を変えることはできないが、人が変わる環境を作ることはできる。
人が変わるかどうかは最後は本人しだい。
本人が変わりたくなるような環境、条件、思いを作るのがリーダーの仕事
やる気を出せといって、やる気がでたら簡単
やる気が出るようにすること、それが目標設定かもしれない、色んなアプローチ方法がある。
相手によってやり方、方法がいくつもあるので一つのハウツーを学んでもうまくいかない。
まず相手を思いやる事が基本。相手の立場になることが大事!
正しい事を言っても相手が受け入れるということはない。
正しいことを言って相手が受け入れることができたら人財育成はいらない。誰でもできる。
厳しく言って相手が反省することはない、
気づけと言っても人は気づかない。

大久保寛司さん

この記事をシェアする

2019.12.02

総本山に行くと新しい発見があります!

皆さまのご祖先が祭られているお寺さん(菩提寺)の宗派はご存知でしょうか?

知っているようで知らないし聞く度に忘れてしまう・・。

恥ずかしながら私もそんな1人です。

2
カ月前に菩提樹院(静岡市)にお墓参りに行った際、掲示板に「臨済宗 大本山 妙心寺参拝」の案内があったので申し込みました。

市内10
か寺の住職や副住職、檀家70人の約80名でバスにて京都市内にある大本山妙心寺に到着。

高僧の元、住職、副住職10人が袈裟に着替え、総勢80人でお経を唱えた時に心に感じるものがありました。

「なんで、もっと早く来なかったのだろう?」「もっと早く子供たちと一緒にくるべきだった」と。

妙心寺を調べると12歳で即位して22歳で上皇となった95代花園天皇が46歳で寺を創立したこと。

日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500か寺を妙心寺派で占め、京都市民からは西の御所と呼ばれ親しまれおり、由緒あるお寺だということが分かりました。

そんなことが大本山に行ったことで興味が沸き、調べて分かりました。

今回は、妙心寺以外にも随心院や金剛輪寺にも行きましたが、それぞれ一条天皇や聖武天皇によって建立や開山されている。

総本山に行くことで、新しい発見があると思います。

臨済宗 大本山 妙心寺


この記事をシェアする