法政大学院|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

法政大学院

2018_03/25

坂本光司研究室・ゼミ解散式

昨日、法政大学の卒業式が武道館で開催されました。

坂本光司研究室では3月に卒業する予定のゼミ生が22人いましたが、無事に全員卒業することができました。

終了後には近くのホテルで「ゼミ解散式」と「修了生を送る会」が行われ、坂本光司研究室としてはこれが最後の行事で、涙あり笑いありの感動の最後にふさわしい会となりました。

今まで研究室で関わったすべての皆さまに感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

これからの坂本先生からの情報発信は「人を大切にする経営学会」からとなります。

写真は「最後の一言」と言われ「みんな、だいすき~」と叫んでいるところ!

最後の一言と言われて「みんな、だいすき~」と叫んでいるところ!

坂本光司研究室・ゼミ解散式

2018_03/24

今日が卒業式となりました!

2013年4月に法政大学大学院に入学、政策創造研究科の坂本光司研究室で学んできました。

3年履修で入学しましたが、3年目に論文が書けず、4年目は休学。

5年目に復学し、なんとか卒論を書くことができたので、本日の卒業式を迎えることができました。

この5年の間に坂本先生と一緒に250社位の会社に訪問することができたのは私の財産だし、坂本先生とのご縁がなければ将来会社の舵取りを誤っていたかもしれません。

先生は人間的にも素晴らしい方で、心から尊敬できる「恩師」の一人でもあるので、そういう方の近くで学ぶことができたことも本当にラッキーでした。

先生は今月一杯で定年を迎え法政大学を退官しますが、その活動は当分の間は衰えることがないと思います。

関係者の皆さま、5年間の間本当にありがとうございます。

写真は私が撮影した中で一番気に入っているものです。

坂本光司先生

2018_03/17

本日、坂本光司教授「最終講義」

恩師である、法政大学院政策創造研究科教授である坂本光司先生が本年度で定年を迎えるにあたり、本日最終講義が開催されます。

会社経営の在り方を唱え続け、いまでは先生の言われていた事がとても大事なことだとだと認識され、まず、社員の幸せを考える経営者が増えてきたのは生徒である我々も肌で感じているところでもあります。

人間的にも尊敬でき、いつも生徒の目線で話をしてくれる先生。

困った人がいると、手助けしなくてはいられない先生。

本日が最終講義ですが、やりたいことが山ほどあると。

これからも坂本先生のご活躍を心から祈るばかりです。

追伸、
最終講義が開催される市ヶ谷校舎は400人以上の参加申し込みがあり、既に定員に達したため受付終了となっています。

大学HPより・・・・・
坂本先生は大学院政策創造研究科の創設以来、当研究科の発展に尽力され、研究科長も歴任されました。坂本先生の幾多のご功績を讃え、多年にわたる御指導に感謝するとともに、今後ますますのご活躍とご健康を祈念いたしまして、最終講義を開催することといたしました。・・・・・

坂本光司先生

2018_01/14

涙、涙でした!

法政大学に務める坂本光司先生が70歳の定年となるので、昨日が坂本光司研究室の最終ゼミとなりました。

先生の思いがこもる話や、心に染みる文章の紹介などでみんな涙、涙・・・。

ゲストでお越し下さったのは、潟市議会で活動している視覚障害者で新潟市議6期目の青木学さん(51)。

青木さんの目が不自由になってから今までに至るお話にはとっても感動すると共に、勇気と力をいただくお話で、正に最終ゼミにふさわしいゲストでした。

坂本先生はこれで引退するではなく、大学教授の肩書が取れるだけで、「前へ前へ」の信念の元、今まで通りの活動を行っていると宣言されています。

先生以下、現役ゼミ生や卒業生が、先生の教えを世に伝えていく役割を担っているのは間違いありません。

坂本ゼミのイベントはまだ残っていますが、新たなスタートの日でもありました。

「先生、大学に席を置いての数々の活動、本当にご苦労様でした!!」

坂本光司先生

新潟市議会議員 青木学さん

坂本光司研究室集合写真

懇親会場にて、坂本先生より石川ゼミ長に花束贈呈

2018_01/13

坂本光司研究室、最終授業の日!

2013年に法政大学大学院・政策創造研究科に入学し、坂本光司研究室で学んできました。

一昨年は休学したので、実質4年目。

今日は、坂本光司先生が本年度で定年を迎えるので、ゼミとしては最後の授業となります。

坂本先生の元で学ぶことがなければ将来の村田ボーリング技研はなかったのではないか
と思うくらい得ることが多かったです。

大学生の頃は全く勉強しませんでしたが、55歳からの大学院では、大変でしたが、学ぶ喜び楽しさを感じました。

学んだことを一つでも多く自社に展開できるかが私のこれからのテーマです。

坂本浩司先生

2017_11/12

包む、守る!(株)内藤

山梨県韮崎市内にある(株)内藤さんに坂本光司先生(「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者)のとお伺いする機会を得ました。

内藤はダンボールシート、ダンボール箱、その他梱包資材・機器を製造販売している会社。

災害用段ボールの先駆者でもあり、2004年に起きた新潟中越地震では、いち早く救援物資として被災者向けの段ボールの救援物資を支援したのを皮切りに、

その後に各地で起きている大規模地震の被災地に向けて、災害時の避難所において最低限のプライバシーが守られる開発商品「ダンほーむ」を支援し続けている。

同社は主力商品である段ボール箱を製造しつつ、災害用段ボール製品のラインナップを揃えると共に、色んな商品開発にも力を入れている他、オーダーメイドにも対応できるので単品ものでも形にしてもらえそうです。

単品でも形にしてくれるっていいですよね!

災害用段ボール「だんホーム」

爪とぎハウス「ニャンほーむ」

 

2017_10/03

高齢者社会になると、お米の消費量が増える!

坂本光司先生の授業「新産業創出論」で学んでいること!

2015年に対して2025年の70歳以上帯数が278.6万人増という推計数字。

2016年の70歳以上の1世帯当たりのお米使用量28,013円

単純計算ですが278.6万人☓28,013円=780億円

2015年に対して2025年には70歳以上のお米の消費金額が780億円も増えるとことになる。

これからはお米の消費量が増えて行くことは間違いなさそうです。

坂本光司先生

1 2 3 4 17
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる