社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

考え方

2021_01/13

基準を下げると幸せ感が増します!

人それぞれ「幸せ」と思える基準が違います。

基準が高いと「幸せ」と思えることが少ないですが、基準が低い人ほど「幸せ」と思うことが多くなる。

どちらが「幸せ」な人生を過ごせるかは考えるまでもありません。

素敵な空模様

2020_12/24

「若い奴らには負けていられない!」

昔から歳を重ねている人から「気持ちは若いんだけどね!」という言葉を聞いてきました。

私も63歳となりましたが、気持ちだけは当然「若い」つもり・・・!

歳を重ねるごとに、「歳だから」「もう若くないから」と諦めることが増え、なすがままとなっていく。

私の場合、父が80半ばで、まともに歩けなくのを目の当たりにしているので、足腰は鍛えておこうと、58歳から走り始め、62歳でフルマラソンを完走、今でも月100km程度は楽しく走りこんでいます。

「若いやつには負けてはいられない」という気持ちを持ち続け、努力することは本当に必要なことですね。

生前時の両親(4~5年前)

2020_12/22

つい、口に出るのは「夢みたいなことばかり・・・!」では?

「夢」

日本の辞書では、「現実からはなれた空想や楽しい考え、はかないもの」

欧米での辞書では、「夢は実現するもの」

「夢みたいなことばかり言っているな」と言うのが日本の文化に対し、欧米では「僕はこうい夢を持っている」と話すと回りが喜んでくれて応援してくれる文化!

思い返せば、子供たちに「夢を持て!」とは言ってきませんでした。

皆さまは、

「夢は諦めなければ実現できる!」ですか?

それとも「夢みたいなことばかり言っているな!」ですか?

幻想的な空模様

2020_12/18

「すべては自分で選んだこと」に気づくと・・・・!

福島正伸氏「日めくりカレンダー」

18日「すべては自分で選んだこと」

今、目の前に起きていることは過去に自分が選択して実践してきたことの結果。

「ツイていない」のではなく、過去にツカなくなることをやってきたから。

それに気づくと、将来「ツイてる」と思えるようになるのでしょうね。

福島正伸 日めくりカレンダー

2020_12/12

本山真宗佛光寺 2013年12月の標語

浄土真宗佛光寺派の本山佛光寺ホームページに「今月の標語」が掲載されています。

下記は2013年12月の標語ですが、この短い言葉から「なるほど」と思うのと同時に反省しきり。

愚痴のようなマイナス言葉よりも人を元気にするプラス言葉を使わなければ・・・・。

サビは鉄から生まれて鉄を腐らせる
愚痴は人から生まれて人を腐らせる

浄土真宗 本山佛光寺

2020_12/06

「あなたの仕事は何ですか?」

10年前に、伊勢神宮近くにある伊勢青少年研修センターで前道場長である故・中山靖雄先生のお話しを伺う機会を得ました。

中山先生がお亡くなりになる5年前で、当時は70歳で相談役だっと思いますが、病気を患い失明されていた状態でした。

10数人での訪問で、一人ひとりが自己紹介。

一通りの紹介が終わった時に一番最初に自己紹介をした私に対して、先生から突然「村田さんのお仕事はなんですか?」という質問が飛んできました。

瞬間、会社の仕事のことではないなと判断、「人を元気にすることです!」 と。

(中山先生)「まぁ、正解かな・・・!、『自分が普段取り組んでいる仕事を通して、人のお役に立つことです』と言う意識が大切なんですよ!」と説明してくださった事を今でも鮮明に記憶しています。

「皆さまのお仕事はなんですか・・・?」

写真、修養団伊勢Facebookページより、テレビ寺小屋2200回記念企画にあわせて、修養団伊勢道場の前道場長、故・中山靖雄先生の講演が2020年10月から2021年6月まで各地で再放送されています。
中山靖雄先生

2020_12/03

お店での注文の仕方!

例えば中華料理屋で料理を注文する場合、「ラーメンとギョーザ」、「チャーハン」と、ぶっきらぼうにいう方がいますが、近くにいて聞こえたりする時には違和感を感じます。

なので私の場合「〇〇をください」とか「〇〇をお願いします」を柔らかい声で言うようにしています。

客だから、へりくだる必要はないということではなく、同じ人間として対等に接したいと思っています。

サンマーメン

ウェブ商談
申し込み
ウェブ商談申し込み