社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

イベント・祭り

2024_06/07

2024ファクハク(オープンファクトリー)説明会を開催しました!

昨年静岡市で初めて開催されたオープンファクトリー!

今年の開催に向けて昨日、説明会を当社にて開催しました。

毎年参加企業が増えて静岡市の恒例イベントになる可能性もあるかなと思っています。

今年の開催は1018日(金)~20日(日)

弊社スタッフのKさんがSNSにupした記事をご紹介しますが、充実したイベントであったことが伝わってきます。

「静岡工場博覧会ファクハクが
開催されました。」

いやぁ、楽しかった。本当に楽しかった。

約3ヶ月間、共に走り抜けた仲間に感謝。

たくさんのご協力を
いただいた現場社員に感謝。

そしてお越しいただいた
たくさんのお客様に感謝。

3日間で154名のお客様に出会えて、
ムラタを知ってもらえたなんて本当にありがたい限り。

交通の便がいいわけでもないのに
ムラタを見つけて、ムラタに来てくれて、本当にありがとうございます!

個人的には現場の社員たちの
表情が忘れられなくて。

お客さんたちが興味津々で
それに一生懸命応える姿はずっと見たかった姿でもありイキイキしていて本当にかっこよかった。

そして3ヶ月間
共に走り抜けた仲間たちよ!

本当にありがとうございました!


多くは語りませんが
楽しすぎて離れがたい。

写真見るたびにね、
楽しかったなぁって思い出すの。

みんなに出会えて
本当によかったです。

またどこかで
共に。

さぁ、ファクハク2023も
幕を閉じようとしています。

ひとりひとりが主人公。


また来年
会いましょう。

写真上:2023ファクハク最終日 終了後の最後の集合写真
写真下:2024年度ファクハク説明会
2023ファクハク最終日 終了後の集合写真

2024年度ファクハク説明会

2024_02/27

中小企業主催による「合同説明会」を開催しました!

昨日、”人をたいせつにする しずおか合同説明会2025”を開催いたしました。

大手企業が主催する「〇〇ナビ」の合同企業ガイダンスでは、ブースに座ってくれた学生に対して、つい「会社自慢」が中心の説明会となってしまうのが常です。

今回、
日本でいちばん大切にしたい会社大賞受賞企業3社を含めて「人を大切にする経営を目指している」会社5社が集まりました。

各企業が「どのように人を大切にしようとしているか」
を含めてのプレゼンテーションを行い、企業の課題をありのままにお伝えし、学生同士がグループワークをすることで、ご縁がなくとも就職の役に立
ってもらおう」との趣旨。


視察に来ていただいた静岡市役所”雇用労働政策担当”の方が「中小企業開催の初めての合同説明会だと思います」と。


参加していただいた学生さんの就職活動の参考になれば幸いです


参加企業の皆さまから「今回だけでなく引き続き開催できるようにしていきたいですね」という声と同時に、学生さんからは「こんなイベントを希望していた」というような声を頂いたのが嬉しいです。

参加企業

(株)共立アイコム、静岡鉄道(株)、村田ボーリング技研(株) (株)山崎製作所、(株)吉村
(出展料 無料)

村田ボーリング技研株式会社

村田光生
人をたいせつにする しずおか合同説明会2025

2022_01/09

花火は皆の心を幸せにします!

坂本光司先生から「下記の4人を大切にすること」と教えて頂きました。

1、社員とその家族
2、協力会社とその家族
3、お客様と未来顧客(お客様でない人)
4、社会的弱者、地域住民

当社はこの4人を大切にしようと努力しています。

昨年と今年、サプライズ花火をそれぞれ2000発打ち上げましたが、花火は数多くの4人の人たちに短時間で感動と幸せを伝えることができる素晴らしいツールだと思っています。

写真は「しずおか焼津信用金庫」の支店長さんが撮影してくれました。

安部川サプライズ花火

2021_12/18

落語「文七元結」で涙しました!

今朝、早朝に放送されているBSテレビで落語をやっていたので、何気に聞いていて涙が出てきました。
演題を調べると「文七元結」(ぶんしちもっとい)で歌舞伎でも演じられていると。

ストーリーは下記の通り、人情噺はいいですね。

興味のある方はYouTubeでみることができます。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%96%87%E4%B8%83%E5%85%83%E7%B5%90

江戸は本所達磨横町(墨田区)に住む左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに借金を抱えている。年の瀬も押し迫るある日、前夜の負けがこんで、身ぐるみ剥がれて半纏一枚で賭場から帰されると、女房のお兼が泣いている。聞くと、娘のお久がいなくなったという。どうしたのかと、夫婦喧嘩をしているところに、普段より世話になっている吉原の女郎屋の大店「角海老」から使いのものがくる。取り込み中だから後にしてくれというと、他でもない、その娘のお久は今、角海老の女将の所に身を寄せているとのこと。

女房の着物を一枚羽織って角海老へ行ってみると、お久は、身売りをして金を工面し、父に改心してもらいたいので、お角のところへ頼み込んだのだという。女将は、自身の身の回りをさせるだけで店には出さないから、次の大晦日までに金を貸してやるが、大晦日を一日でも過ぎたら、女郎として店に出すという約束で、長兵衛に50両の金を渡す。

情けない思い、しかし改心しきった長兵衛が、帰り道に吾妻橋にさしかかると、身投げをしようとしている男にでくわす。訳を聞くと、白銀町の鼈甲問屋「近江屋」の奉公人(文七)で、さる屋敷へお使いを頼まれて集金した帰りに50両の大金をすられたので、死んでお詫びをしようというところだった。「死んでお詫びを」「いや、死なせねぇ」と押し問答が続いた後、長兵衛は、自分の娘のお久が身を売って50両を工面してくれたことをはなし、その金でお前の命が助かるのなら、娘は死ぬわけではないのでと、無理矢理50両を押し付けて、逃げるように帰ってゆく。

文七がおそるおそる主人卯兵衛の元に帰り、長兵衛からもらった金を差し出すと、それはおかしい、お前が遣いにいった先で囲碁に熱中するあまり、売掛金をそっくりそのまま忘れてきてしまったものを、先方は既に届けてくれて金はここにある、一体どこから、また別の50両が現れたのかと、主人が問いただすと、文七は事の顛末をあわてて白状する。

翌日、卯兵衛は何やら段取りを済ませ、文七をお供に長兵衛の長屋へとおもむく。実は文七が粗相をやらかし…と、事の次第を説明し、50両を長兵衛に返そうとするが、長兵衛は「江戸っ子が一度出したものを受け取れるか!」と受け取らない。もめた挙句に長兵衛ようやく受け取り、またこれがご縁ですので文七を養子に、近江屋とも親戚付き合いをと、祝いの盃を交わし、肴をと、表から呼び入れたのが、近江屋が身請けをしたお久。後に、文七とお久が夫婦になり、近江屋から暖簾を分けてもらい、麹町6丁目に文七元結の店を開いたという。

文七元結

2021_10/24

SHIZUOKA・ATAMI 花火フェスティバル

昨日、静岡県熱海市で開催された「花火フェスティバル」に行ってきました。

コロナ禍の中、多くの仕事を失った煙火店。

花火のまちとして親しまれてきた静岡花火文化を守りたいと県下の8つの煙火店が協力し合って何かを作りだす
こすことができないかと立ち上げたプロジェクトです。

5500発の花火が秋の夜空に舞い上がりましたが感動の連続で、
特に1尺玉の腹に「ドスン」と響く振動は特に心地良かったです。

花火って本当に最高ですよね~!

熱海海岸

熱海花井フェスティバル

2020_11/26

オンライン展示会!

今までは会場に行き、歩いて出展企業を見て回るという展示会が当たり前でしたが、コロナ禍ということでオンライン展示会が出てきました。

最近では、リアル出展とオンライン出展企業が混在している展示会はありましたが、今回はオンラインのみの開催。

私のような60歳を過ぎた年齢だとリアル展示会のほうが情報収集しやすいと思いますが、若い人達はオンライン会場でネットサーフィンしたほうが早いかも知れません。

リアル展示会場合、ブースに立つのは結構疲れますが、その日の展示会終了後に仲間とやる一杯は本当に楽しみです!(笑)

そいうえば我が所属する団体の研究発表会は全てオンライン開催でした。

もう、そういう時代ですね。

オンライン新価値創造展

2020_11/23

今日は新嘗祭!

今日は新嘗祭

伊勢神宮、皇居宮中三殿、全国な主な神社で開催される大変に重要な祭儀の一つ。

今年収穫された新米に感謝をしていただきたいと思います。

伊勢神宮ホームページに書かれてある新嘗祭の案内
・・・・・・・・・・
『日本書紀』に天照大御神が斎庭(ゆにわ)の稲穂を天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けられたことが記され、そこに日本の始まりが位置づけられることは大きな意味を持ちます。
春に豊作を祈り、秋の収穫に感謝する稲作を中心とした営みを、日本人は2000年以上繰り返して来ました。
天皇陛下から国民に至るまで神を祀ることは日本の大切な文化です。
・・・・・・・・・・

写真、伊勢神宮「新嘗祭」HPより
伊勢神宮「新嘗祭」HPより

ウェブ商談
申し込み
ウェブ商談申し込み