社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019_11/01

新幹線、始めて見るシーンに感動・・・!

昨日、東海道新幹線は夜中の工事が長引いたことで始発から約30分程度遅れ、7時頃に運転開始となったために早朝時はダイアが乱れていました。
 
私は出張のため7時17分発の下りこだま号に乗るつもりでいました。
 
ホームに上がったところ、静岡駅を発車した列車が本線に入らないうちに駅を通過する後続列車がスピードを落としながら進んでくるではないですか。
 
「えっ!どうなるの?」
 
結局、静岡駅を出発した列車が本線に入るまで、後続新幹線は本線上に停車しました。
 
Googleマップで確認したところ、出発した列車が本線に入るのが駅端から約100mでしたが、本線に停車している後続先頭車両との間が肉眼ではとても近く見えました。
 
簡単にいうと、本線に止まっている列車の先頭車両の鼻先をかすめて、支線にいた列車が本線に入っていった・・・、そんな表現でしょうか?
 
恐らく、両車両の距離は50m~100mではなかったのかと。
 
私は初めて見る光景に見とれていて、写真を撮ることを忘れていました。

静岡駅新幹線ホーム

2019_09/26

「新幹線の車窓から先頭車両が見える!!」

今まで、新幹線で東京駅に行ったことは数えきれません。

昨日、乗車していて気が付いてしまったんです。

東京駅から静岡駅に向かう新幹線15号車両の3座席通路側に座っていました。

品川駅を出た直後に何気なく左側の窓をみたら、

「えっ!!」

先頭車両から相当数の車両が見えるじゃないですか!!

自分では驚きで、感動がありました。

GoogleMapで確認したところ線路が下記画像の赤線のようになっている。

上り車線では品川駅に到着する直前、下り車線では品川駅を発車した直ぐに、両側の窓から先頭車両が見えることになる。

特に後ろ側の車両に乗っていれば見応えがあるじゃぁないですか。

皆さんご存知でした・・?

新幹線に乗る楽しみが一つ増えました!!

2019_09/09

帰宅できず!

7日(土)~8日(日)に「人を大切にする経営学会」全国大会が大阪市内にある立命館大学茨木キャンパスで開催され、出席してきました。

大会終了後に坂本光司研究室OB・OG会があったのですが、台風15号の影響が心配なので中座して帰路つくことに。(茨城駅→高槻駅→京都駅)

京都駅で我々よりも10分早く中座した坂本先生とばったり出会いましたが、先生は16時59分のひかりに乗り込んでいきました。

「東京に向かうひかり号としては最終になります」とのアナウンスがあり、不安がよぎります。

私は16時21分発のぞみ号で名古屋まで行き、16時59分発こだま号に乗り換えて静岡まで行く切符を購入していたのですが、名古屋駅到着後のひかり号とこだま号は全線不通となっていたので、名古屋市内に泊まることに。

結局新大阪発16時40分~東京着19時13分が最終新幹線となったので、それ以降に到着する新幹線はすべて普通になったようです。

写真は立命館大学茨木キャンパス
立命館大学茨木キャンパス

2018_11/05

新幹線の連結って見ごたえあります!

毎月月末に郡山駅に降りる用事があるのですが、いつも到着する時間帯に同じホームの反対側に東北新幹線の「はやぶさ」と秋田新幹線の「こまち」の素敵なシルエットの新幹線が連結された状態で停車している姿をみるとうっとりしてしまいます。

こういうシーンって男頃をくすぐりますよね。

とくに連結状態から連結が解除され、連結カバーが自動的に閉じていきながら離れ去るシーンは感動すら覚えます。

東海道新幹線に見慣れているのでJR東日本の新幹線はとっても新鮮です。

「はやぶさ」と秋田新幹線の「こまち」

2017_06/06

新幹線車体傾斜角

昨日、東海道新幹線「N700系 ひかり号」に乗車していたら、走行中にトレイの上に置いた物が移動したことから下記のような仮説を立ててみました。
 
 
遊園地のメリーゴーランドをくるくる回すと体が外側に動こうとする力が働きますが、これが遠心力。
 
ちなみに競輪場などではカーブの所にバンクという傾斜がついています。
 
これは遠心力を弱め、よりスピードが出やすい状態を作っているのだと思いますが、このバンクは電車などのカーブにも応用されている技術の一つ。
 
新幹線がカーブを走行する際に外側に向かう遠心力でトレイに乗せた物が移動するのかなと思ったのですが、
 
「N700系 ひかり号」の場合は内側(下側)に移動していました。
 
最新型のN700系車両は、線路のバンクに加えて車体が1度内側に傾く最新技術が採用されているので、
 
物が移動するのは、線路のバンク傾斜+1度の傾きで「車体の傾き過ぎが原因か?」と考えましたが、恐らくより速度を出す「のぞみ号」用にバンク角度が設定されているのだということに考えがまとまりました。
 
つまり、「のぞみ号」のスピードだと、トレイに乗せたものが動かない。
 
昨日、N700系の「ひかり号」に乗車し、動く物をみてこんなことを考えました。
 
 
 
追伸
皆さまの所にお邪魔できない状態が続いていること、大変に申し訳ありません。

JR東海HPより

2017_05/28

粋な車内放送!

昨日は東京出張、行きと帰りの新幹線での車中。

「皆さま富士山が綺麗に見えますのでカメラをお持ちの方はどうぞ撮影なさってください」というようなアナウンスが流れた後に、一斉にスマホで撮影する音が聞こえてきます。

帰りの新幹線でもアナウンスがあり日本語の後にりゅうちょうな英語でのアナウンスがあるじゃぁないですか!

そう、まるで飛行機に乗っているみたいに。

粋なアナウンスに心がほっこりする車中でした・・・・。

東京から静岡に向かう新幹線車中から撮影!

2016_05/08

東海道新幹線、車内放送

東海道新幹線の指定席に乗っていると、必ずといっていいほどあった検札が先月あたりから無くなりました。

昨日、新幹線に乗車した際の車内放送を聞いていて気が付いたことですが、「学生割引した乗車券を持っている方は証明書の提示をお願いすることがあります」と言っていました。ということは、割引キップで乗っている人がどこの席にいるのっか車掌さんはリアルタイムで分かるということ。

以前新幹線ネタを投稿した際に「指定席キップを新幹線改札機に通した時にネット回線でリアルタイムで車掌が持っている子機に届く」というコメントをいただいたことがありますが、技術はどんどん進化しているのですね。

東海道新幹線
東海道新幹線