社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2021_11/22

シネマ歌舞伎を楽しみにしています!

毎月上演されているシネマ歌舞伎を観るのが楽しみの一つ。

歌舞伎座にはなかなか行く機会がありませんが、映画なら気軽に観ることができますが、昔から伝わっている文化に触れるのはいい事ですね。

11月は「熊谷陣屋」

10年前の旧歌舞伎座の一番最後に演じられた名作なのですが、動きが少ないので瞼が重くなるのが難点です(汗)

『熊谷陣屋』あらすじ
源平合戦のさなか、源氏の武将・熊谷直実は平家の若武者・平敦盛を討った。実は敦盛は後白河法皇の子であり、その母・藤の方は、かつて熊谷を救った恩人。生田の森の熊谷の陣屋に、主君源義経が来訪し、敦盛の首実検(討ち取った首がその者の首であるかどうかを確かめること)が行われることとなる。
大義の前には、わが子の命さえも犠牲にするのが武士の社会。しかし、豪毅な武士といえども子を討った悲しみは重くその苦悩が表れる。戦の世の無常、人生の儚さが胸をうつ、重厚な義太夫狂言の名作。

シネマ歌舞伎 「熊谷陣屋」

この記事をシェアする

コメント(7)

  • 俊介さん
    2021年11月22日06:34

    おはようございます。
    歌舞伎は祖父母が好きでした。
    私は知識がなく、未だに食わず嫌いです。

  • 2021年11月22日07:20

    おはようございます。

    私は歌舞伎は全くですが、妻ははまっています。(^^)

  • 2021年11月22日19:03

    こんにちは。
    シネマ歌舞伎、良いですね。
    時間も103分で、見やすくて良いですね。

  • 2021年11月22日23:29

    歌舞伎鑑賞 良いご趣味ですね
    歌舞伎をじっくりと見たことがありません
    吉右衛門さんは鬼平犯科帳での名演くらいしか知りませんね

  • 2021年11月23日03:03

    おはようございます。

    歌舞伎をもっと身近に!!
    シネマにすることで、可能になりますね。
    素敵な対応です♪

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA


ウェブ商談
申し込み
ウェブ商談申し込み