中国|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

中国

2017_04/18

中国はネットを上手に利用している国でもあります

1年前の中国出張の祭にははなく、今回の出張ではあった「凄いなぁ」と思ったこと。

行く先々の歩道には乗り捨て自由のレンタサイクルが置いてある。

自転車を借りるには先ず、スマホに専門アプリをインストールし299元の保証金を入れてから適当な金額をチャージしておく。

自転車を借りる際には自転車事に付いているにQRコードをスマホで読み取ることで自動的に鍵が解錠する仕組み。

移動距離はGPSで自動計測され、鍵をロックした時点で30分で0.5元が自動計算されてチャージ金額から引き落とされるという仕組みだという。

きっと全ての自転車と使った人などがコンピュータ管理されて、ある一定期間使われなかった自転車は修理が必要と判断されるのでしょうね。

ちなみに明日使うからということで自宅などで保管することは違反だそうです。

ネット規制はある中国ですが、ネットを上手に使いこなしている国でもあることを改めて感じました。

写真のレンタサイクルは電動自転車

中国レンタサイクル中国レンタサイクル

2017_04/17

やっぱり規制の国・中国

13日(木)~16日(日)と1年半年ぶりの中国上海出張でした。

いつものことですがネット規制がある国だなぁということを感じます。

facebookが使えない。

LINEが使えない。

Googleが使えないのでGmailやGoogleカレンダーが使えない。

ライブドアのHPが見れないのでlivedoorブログは見ることができない。

みれないホームページが結構ある。

発展目覚ましい国ではありますが、ネット事情に関してはストレスを感じる国でもあります。

このサイトにアクセスできませんGoogleとfacebookにアクセスできません

 

2016_03/31

ネット規制の国!

3月26日~29日で坂本光司先生一行と中国企業視察に行ってきました。

高度経済成長を維持してはいますが、報道規制やネット規制をしている国だということが実体験できます。

facebookやLINEは使うことができないことは以前から知っていましたが、Gmailすら使うことができなかったし、見れないHPやブログ記事もたくさんありり、自由経済主義とはいえ共産国なんだなぁということを訪問する度に感じます。

写真は訪問した2社のうちの1社の杭州矢崎。

中国杭州矢崎
中国杭州矢崎

2015_09/22

中国ネット事情

開放政策が功を奏し、高度経済成長を続ける中国。

超高層ビルや日本と全く変わらないデパート等に入っていると自由経済国家と勘違いすることもありますが、端々に共産国であることが伺われます。

例えば、facebookのようなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や、少しでも国家に都合が悪いと思われるHPはネット規制で見ることができません。

以前、中国に住む人に共産党経済についての質問をしたら、「高度経済成長を続けているので、今の体制でいいと思っている」という答えが帰ってきましたが、一般的な民衆はそのような考えを持っているように思います。

でも、バブルが弾けた時に色んな問題が噴出するかもしれません。

そうそう、そういえば中国ではGメールが使えない国でもありました。

P1390836_850
右は現在世界第2位の上海タワー(632m)、左は世界15位の上海環球金融中心(森ビル492m)、中央は金茂大厦(420.5m)

中国上海浦東地区
中国上海浦東地区夜景


 

2013_07/21

上海高層ビル

中国は貧富の差がもの凄くあり、日本以上に進んでいると思われるものもあれば、ここは戦後かと思う場所が同居している国。

写真は、上海で高層ビルが立ち並ぶ地区の模型で、バックには花火が打ち上がる映像が流れています。

3つの高層ビルの左側は2008
年に完成した上海ワールド・ファイナンシャル・センター (森ビル)、高さ492mで中国一高いビルでしたが、右側に建築中の上海タワーは2015年に完成すれば632mになるそうです。

ちなみに世界一はドバイにあるブルジュ・ハリファは828m。

さすがは石油王国は格が違いますね(^^)

上海市内

上海地区

2013_07/18

素敵なエンブレム

中国出張中、スズキ車のエンブレムがやけにキラキラしていると思ったらデコレーションされていました^_^;

国内ではスマのホカバーをコテコテにデコしている人は見かけたリしますが、車のエンブレムは見た事がありません。

きっと、自分で装飾したんでしょう、さすがは中国です(^^)

デコ・エンブレム

デコ・エンブレム

2013_07/15

中国水事情

中国は生水を飲めないので、飲み水は清涼飲料水が用意されており、

外出する際にはペットボトルを持ち歩き、常に水分補給をしているのを見かけます。

中国出張の際、スタンドに立ち寄ったら写真のようにペットボトルが山積みにしてありましたが、たぶん箱買いなんじゃぁないかなぁ。

この時の外気温が38度、直射日光を浴びているだけで体力が消耗するような暑さだったです^_^;

山積みのペットボトル

清涼飲料水 67.5元=1,080円 36元=576円、箱売りだと思います。午後の紅茶もありました

1 2 3 4 11
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる