社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

2017_03/11

低迷企業の言い訳!

坂本光司先生が言う「低迷企業の言い訳」

業績の上がらない企業が業績が悪化すると決まっていう言う言葉。

悪化の問題は外にあり、自社は被害者と決めつける言動が多いのが実態だと。

1、景気や政策が悪い
2、業種・業態が悪い
3、規模が小さい
4、ロケーションが悪い
5、大企業・大型店が悪い

坂本先生は、どんな大不況でも、どれだけ小さくても、どれだけの田舎に会社があろうとも、どれだけ大企業大型店が近くにあろうとも、増収増益の会社はある。

知恵や工夫をすることで、自社の存在感を向上させることは本当に大事ですね。

坂本光司先生
坂本光司先生

2017_03/10

トヨタグループに注目!

 

今日の静岡新聞に「豊田自動織機とデンソーが小規模業者への支払いを手形から現金に統一する」との記事。
 
数ヶ月前に坂本光司先生から「トヨタが現金払いを検討している」という話しを聞いていました。
 
製造業では手形決済が常識化していましたが、トヨタグループがそこにメスを入れたということでしょうね。
 
今後、トヨタ自動車を含めたトヨタグループが現金支払いになると、日本の製造業界が現金支払いに追随してくれればいいなぁと。
 
下請けいじめという言葉が当たり前の大企業が、下請けを大切にする時代に切り替わった瞬間かもしれません。
 
支払い対象が小規模業者と書かれてあったので、中小企業業者が対象なのかと思ったら、なんと「資本金3億円以下」とのこと・・・、さすがはトヨタグループ!
 
「下請けへの支払い来月から現金に」
 トヨタ自動車グループのデンソーと豊田自動織機は9日、小規模業者から製品を仕入れた際の代金の支払いを、手形ではなく現金に統一るすと発表した。4月の取引から導入する。
 下請けの手元資金を潤沢にすることで資金繰りに配慮する。大企業と下請けの間の商習慣の改善を即す政府の要請に応じた。対象は資本金3億円以下の取引先。従来は代金の一部を手形で支払っていたが、金額を現金にするよう改める。

静岡新聞_トヨタ自動織機現金払い

2017_03/09

広告用写真!

業界紙への会社広告用を新たに作りました。

写真のT君は入社数年目の若手社員ですが、某大学工学部大学院卒の若手社員です。

はにかみ屋のT君ですが、こんななに素敵な感じに仕上がりました。

本人は照れくさいみたいですが、とっても素敵な横顔じゃぁないかと。

いかがでしょうか?

村田ボーリング技研 広告

2017_03/08

最終決定!

議論して自分が反対していたことに決定した場合でも、それに従うのが社会人としてのルール。
しかし実際は反対していたことが決まってしまうと影口を言ったり足を引っ張ったりするというようなことがまかり通っているように思います。
例え反対意見だとしても最終決定したことに一斉に動く企業や団体はいつの時代も生き残れる強い組織なんでしょうね。
伊那食品工業(写真は塚越寛会長)は決まったことが翌日には履行されている企業であることは間違いありません。

伊那食品工業 塚越会長
伊那食品工業 塚越寛さん

2017_03/07

人間の成長

厳しいい環境で育った人は、厳しい事が当たり前になるので、何ごとにも耐える力が身に付く。

反対に、ぬるい環境で育った人は、ぬるい事が当たり前なので、環境が普通の状態になっただけでも文句がでるし、後ろ向きな考を持つようになる。

一概にそういえないかもしれませんが、このような傾向があるのではないでしょうか?

そう考えると人間というのは、厳しい環境の中に身を置いたほうが成長するのでしょうね。

静岡グランシップ
気持ちが良い空模様

2017_03/06

静岡マラソン(2017)

昨日開催された12,000人がエントリーしている静岡マラソン大会に、弊社のS君が出場しているので応援に行ってきました。

今さら気がつくのが遅いよと言われそうですが、スマホやタブレット等でランナーがどこを走っているかがリアルに確認できることが凄いなぁと思います。

25km過ぎの久能ステージと、清水駅にあるゴールで、一生懸命に走っているS君に「がんばれ~」と大声をかけましたが、少しは元気を与えることができたかな?

フルマラソンの応援は今回で2回目なのですが、一生懸命に走っているランナーから多くの刺激を受けます。

2017 静岡マラソン

2017_03/05

おいしかったら!

居酒屋てっぺんの大嶋啓介さんが、一風堂創業者の河原成美会長から教えてもらったこと。

お店で食事をした際に「おいしい」と思ったら、料理をする者として、作った人に伝えることこそが大事なことだと。

大嶋さんはその話しを聞いてからは、帰り際に厨房に聞こえるように「おいしかったです」と声を掛けるようにしているそうです。

なるほどねぇ!

僕はレジの方に声を掛けることはしていましたが厨房までは気が回りませんでした。

おいしかったら「おいしいです」ということを一人でも多くの関係者に伝えることって大事なことですね。

言われた人はモチベーションが上がること間違いありません。

一風堂 河原会長
一風堂 河原成美会長

てっぺん 大嶋啓介さん
てっぺん 大嶋啓介さん

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる