社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2020_01/13

駿河漆器

先日の静岡市表彰でいただいた盾(たて)が板に漆が塗られたものでした。

中に入っていた案内文をみると「駿河漆器」と言われるもの。

説明文によると、

「漆器は、産業として静岡に根をおろすようになったのは、徳川時代に行われた浅間神社造営のため、江戸をはじめ全国各地から集められた漆工たちが、造営後も住みやすい静岡に残り、技を磨くかたわらで土地の人達に漆芸技術を教え広めたことが始まり。輸出がさかんになるにつれて、いろいろな変わり塗りや蒔絵付きの製品が開発された」

静岡が漆文化が盛んだということを初めて知りました。

そういえば静岡浅間神社は現在漆の塗替え工事をしているところ・・・・。

調べたら、静岡浅間神社Facebookページに「静岡浅間神社では、約20年かけて境内にある26棟の重要文化財の漆・彩色の塗り替え工事を執り行っております」との記事が投稿されていました。

写真:静岡浅間神社Facebookページより


この記事をシェアする

コメント(7)

  • 2020年1月13日09:13

    おはようございます。

    昔は静岡の主な産業 家具と漆無理ひな人形かな
    どれも継承者が居なくなり今は大変な産業に一つですね。

    ぽちっ!

  • 2020年1月13日12:23

    こんにちは
    そうなんですか、知りませんでした
    静岡というと富士山、うなぎパイ、静岡おでんなどが頭に浮かびます
    ぽち

  • 2020年1月13日16:30

    こんにちは。

    漆というと輪島・能登を連想しますが、太平洋側でもこんな文化・産業があったんですね! 知識・情報はやはり大切ですねw

  • 2020年1月13日16:59

    こんにちは。
    駿河漆器の盾とは、高価なものを頂いたのですね。
    日本伝統のもの、大切にしたいですね。

  • 2020年1月14日00:19

    溶射屋さん、こんばんは!

    すごい会社さんなのですね。
    自分もこの溶射屋さんのブログで静岡の漆文化の事を知りました。
    有難う御座います。

  • 2020年1月14日03:20

    おはようございます。

    駿河漆器について。
    徳川時代に盛んに行われていたのですね。
    素敵な情報をありがとうございます。
    今日も1つプラスです♪

  • 2020年1月14日05:31

    素敵な盾を頂けたのですね。伝統復活できたらいいですね。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA