社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2020_11/16

日本に企業が無くなる日!

2019年度版中小企業白書に掲載されていた表の数字を元に計算してみると、

1999年に485万社あった企業(大企業+中規模企業+小規模企業)が2016年には359万社と、17年間で126万社も減少。

1年平均では74,118社の減少になるので、日本から企業が無くなるのは単純計算で(359万社/年÷74,118社)48.4年後の2069年となります。

いかに生き残れるかを真剣に考えなければいけません。

企業規模別企業数の推移

この記事をシェアする

コメント(6)

  • 2020年11月16日07:22

    おはようございます。

    2069年はそんなに遠くないですね。
    どういう世の中になっているのでしょう?
    AIと融合した社会でしょうね。
    私は生きていないかもしれませんけど。(^^)

  • 2020年11月16日08:30

    困ったことですね。
    スーパーでも大型ができれば小さなスーパーは消えていく。
    人の心を読むことができる企業、経営手腕がすぐれたところが残っていけるのでしょうね。

  • 2020年11月16日11:54

    こんにちは
    これは大変な結果ですね
    ぽち

  • 2020年11月16日16:42

    こんにちは。
    来年以降、益々競争激化しますね。
    生き残るために何をすべきか、考える時に来ていますね。

  • 2020年11月16日20:53

    いや~そうなんですよね。どの業界でもでしょうが、どう生き残れるか何をすべきか 
    どう結果を出していくか・・・ もう毎日が大変なことですね。

  • 2020年11月17日03:00

    おはようございます。

    約50年後には、弊社は100周年を迎えます。
    その時にただ残るだけでなく、勝ち残りたい思いです。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA


ウェブ商談
申し込み
ウェブ商談申し込み