社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2024_05/15

歴史ある硬貨、親しみを感じます!

財布の中に古そうな10円玉の製造年を確認したら昭和36年でした。

他にもあるのかな?と手元に保管してある硬貨を確認したところ昭和29年と35年もありました。

昭和29年(1954年)70年前
昭和35年(1960年)64年前
昭和36年(1961年)63年前

60年以上もの間、使われてきたことにより表面や角が摩耗している状態になってる。

私は昭和32年生まれの66歳なので、一緒に歴史を刻んだきたんだなぁと親しみを感じました。

ネットで調べたら現行の10円玉は昭和26年(1951年)から製造されています。

歴史のある10円玉

この記事をシェアする

コメント(4)

  • 小肥りさん
    2024年5月15日06:30

    年代モノですね。
    遠い記憶で小学校のときに大阪の造幣局を見学した気がする・・・
    「1円玉は作っても作っても赤字。5円玉以上が黒字」って聞いたような・・・
    勲章だとか五輪メダルも作ってるって言ってたなあ。

  • 2024年5月15日08:23

    おはようございます。
    私は昭和25年生まれですから、翌年から使われ始めてデザインそのままは凄いですね。
    今年は新札発行の年ですね。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA


ウェブ商談
申し込み
ウェブ商談申し込み