2018年9月12日|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

2018年9月12日

2018_09/12

東京方面に向かうことを、なぜ「上り」というのか!

日曜日の27時間テレビ。

太平洋戦争時、アメリカ軍が戦う相手の日本とはどういう国かということを兵士に学ばせるための映画を紹介していました。

天皇は現人神ということで、高い所から見下ろすのはご法度。

陛下が道を移動する際の2階以上の建物はカーテンを閉めていたと。

御所が一番高い場所ということで、東京に向かう列車は「上り」となった。

Wikipediaによると「上り」のことを「明治維新以前は京都、明治期以降は東京に向かうものを指す」と。

また、YouTubeに投稿されている”戦時下のアメリカのプロパガンダ映像”を見ると「旭日旗は上る太陽であり天皇のこという」と解説していました。

「なるほどねぇ!!」

そういえば勲章には下記のように頭に「旭日」が付いています。

「旭日大綬章、旭日重光章、旭日中綬章、旭日小綬章、旭日双光章、旭日双光章」

ちなみに旭日旗は、現在では陸上自衛隊で自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として使用されているそうです。

旭日旗

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる