社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019_07/30

巡洋戦艦「金剛」はイギリス製

昨日投稿した記事、アルキメデスの大戦は1933年に次なる旗艦となる新型戦艦建造計画をめぐり超大型戦艦にするのか空母にするのかの海軍上層部の対決の映画。
 
記事を書くに当たってネットで調べて分かったことですが、映画に登場する「金剛」がイギリス製だったということを初めて知りました。
 
当時の日本の技術ではイギリス以上の能力の船を作ることができなったため発注。
 
1911年1月機工、竣工1913年8月
 
以下、ウィッキペディアより・・・・
金剛は、日本海軍が初の超弩級巡洋戦艦として発注した金剛型の1番艦。イギリスに発注された最後の主力艦である。2度の改装後は高速戦艦として、太平洋戦争でも活躍した。なお金剛は、日本海軍が太平洋戦争で使用した唯一の外国製日本戦艦でもあった・・・・
 
ちなみに戦艦大和は1937年11月4日に機工し、就役が1941年12月16日ですが、旗艦として動き出した時にはもう空母の時代になっていたのでしょうね。

巡洋戦艦→戦艦 「金剛」

この記事をシェアする

コメント(6)

  • 2019年7月30日06:48

    おはようございます。(^^)

    軍艦を外国に発注した歴史があるのですね。
    知りませんでした。
    今は戦闘機やミサイルはアメリカに発注。

  • 2019年7月30日11:55

    日曜、私も観に行きました。
    なかなかの映画です!

  • 2019年7月30日16:13

    こんにちは。
    いつの時代も先を読む事が大切ですね。
    乗り遅くれると大変ですね。

  • 2019年7月30日17:45

    こんにちは!

    軍艦の歴史は悲しくて、いつも学ぼうと思っても戸惑ってしまいます。

  • 2019年7月30日20:11

    溶射屋様
    こんばんは!
    気になっていた映画でした★
    近々観に行こうと思います!

  • 2019年7月31日03:28

    おはようございます。

    このような事があったんですね。
    当時の様子を表した映画。
    私も見に行きたいんです。
    情報を有難う御座います。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA