徒然|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

徒然

2017_06/21

PC電源はホテルサービスにはありませんでした!

宿泊出張先でパソコンの電源を忘れてしまいました。

メールチェックだけならスマホがあれば十分ですが、PCがないとできないこともたくさんある中で電源コードがないと必要最小限のことしかできません。

ひょっとしたらホテルに用意されているかもしれないと思いフロントに確認したらないとのこと。

どれだけの種類の電源があればカバーできるか分かりませんが、ストックを置いておくと忘れた宿泊客方が大助かりすること間違いありません。

 パソコン

2017_06/20

前に言ったよね!

あの時に言ったこと、もう忘れちゃったの?

そんなことって良くありませんか?

そんな時、つい「あの時にいったよね」という言葉が口から出てしまいます。

言われたほうは、あまりいい気持ちがしません。

こういう時、初めて話しをするようにできる人は思いやりが深い人ですよね!

幻想的な空模様

2017_06/11

言い方を工夫する!

相手に自分の思っていることを伝えるのは簡単そうで難しい!

つい、ストレートに言ってしまうことって多いですが、話し方でずいぶんと印象が変わるものです。

例えばデートの誘い方一つとっても下記のようになる。

「デートしてください」」

ズバッ!と言っても断られる確率が高いですが、

「驚くほど旨いパスタのお店があるけど、いかない?」

相手は行ってもいいかも、と思う確率がぐんと高くなる。

「驚くほど旨いパスタのお店と、石窯ピザがあるけどどちらがいい?」

さらに選択の自由を増やすことで、よりお願いが受けいれられる可能性が増える。

・・・・・なるほどねぇ!

写真:昨日の日の出!

日の出

2017_06/10

生産年齢人口10年間で701万人減!

内閣府発表の「平成28年版高齢社会白書」をネットで調べてみました。

2010年と2015年の比較です。

総人口は、95万人減ですが、15歳から64歳までの生産年齢人口は395万人の減で、静岡県の総人口369万がまるまる無くなったことと同じ。

下記の表を書いていて気がついたのですが、2005年から2010年にかけて総人口は29万人増えているにもかかわらず生産年齢人口が306万人も減ってる。

とすると、2005年から2015年にかけての生産年齢人口701万人の減少は、埼玉県の人口729万に近い数字だし、2000年からの15年間で計算すると914万と神奈川県の人口915万人が減っていることになっているではありませんか。

バブルが弾けて失われた20年といいますが、生産年齢人口が減っていることが表には出てこなかったのでしょうね。

既に人手不足が深刻な問題となっていますが、人口は確実に減少していくので都道府県はパイの取り合い状態となっていますが、これは企業の求人でも同じことが起きている。

企業が生き残って行くことは、今までよりも舵取りが難しくなってきたのは間違いありません。

   2005年 2010年 2015年 2060年
総人口 12,777万人 12,806万人 12,711万人 8,674万人
増減 +84万人 +29万人 -95万人 -4,037万人
15~64歳人口 8,409万人 8,103万人 7,708万人 4,418万人
増減 -213万人 -306万人 -395万人 -3,290万人


2017_06/04

省人化

土日と関東に出張です。

ビジネスホテルに連泊していますが、ホテルの部屋を掃除しない場合は300円安くなるという金額設定があったのでそのプランを選択。

昨晩ホテルに帰ってきたら新しいタオルが部屋の前に置いてありましたが、前日使ったタオルをそのまま使いました。

ホテルのHPには「環境にも財布にもやさしいプラン」と書かれてありましたが、エコプランを選択してもらうことで、省人化につながり人出不足対策になるんだろうなぁと思いました。

東横イン エコプラン

2017_05/25

陰口より、陰ほめがいいですね!

人間というのは無意識にしていると他人の悪いところばかり見る癖があるようです。

特に身近にいるような人間関係の場合はその傾向があるのではないでしょうか?

また、自分に対して他人の悪口を言ってくる人は、自分の悪口も他人に言っている可能性大です。

そんな陰口を言っていることが伝わってくるとモチベーションが下がるばかり。

できれば他人の良いところを見る習慣を身につけ、陰ほめをしていきたいです。

「あの人が君のことをほめていたよ」と言われたら嬉しいですよね~!


2017_05/24

平均(年齢&勤続年数)

会社に勤める人たちが18歳、または22歳で入社して、60歳までの年齢に1人づついた場合。

そうした時の平均年齢と平均勤続年数はどれくらいになるの・・・と思って計算してみました。

平均年齢の単純計算
高卒から採用している場合=(18歳+60歳)÷2人=39歳
大卒から採用している場合=(22歳+60歳)÷2人=41歳

平均勤続年数の単純計算
高卒から採用している場合=(1年+42年)÷2人=21.5年
大卒から採用している場合=(1年+38年)÷2人=19.5年

上記の平均年齢と平均勤続年数の数字ならば、計算上ではバランス良く各年齢層がいるということになるのでしょうね。

ちなみに弊社での平均年齢が40.7歳・平均勤続年数が16.1年。

皆さまの所ではいかがでしょうか?

今朝の日の出

1 2 3 4 131
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる