新幹線ほか動くもの|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 新幹線ほか動くもの
新幹線ほか動くもの

2016_11/27

「日本が好きになってくださいね!」

11月24日の都内で雪が降った次の日の25日の富士山は、それはそれは見事な雪景色でした。

25日は都内に出張だったので新幹線から富士山を撮るつもりで車内に乗り込んでから、いつでも写せるようにコンパクトデジカメをセット。

座席が3座席の窓側だったので、富士川を渡る手前から車両と車両の間のデッキ移動して待機してから撮影しました。

次はスマホで撮影した写真を家族に送ろうと思ったのですが、後ろに人の気配を感じ振り返るとカメラを持った外国人観光客が外を見たそうにしていたので「どうぞ」とかわってあげました。

「あのカップルは富士山の見事な雪景色を撮影できたかな?」

「今回の旅行で、日本が好きになってくれますように!」

富士山
富士山

2016_10/05

JALの粋なサービス

先日、JALを使って出張した帰りの便で、+1,000円の少し座席が広いJクラスに乗る機会を得ました。

このJクラスの乗客に、10個位のキャンディがとJALカードが入った袋が配られたのですが、「今日も日本航空をご利用くださいましてありがとうございます。また、機内でお逢いできる事を楽しみにしております」とカードの裏側に書かれてあるじゃぁないですか。

滅多に乗らない飛行機で、滅多に乗る機会がないJクラスなので、いつからこのようなサービスをしているのか分かりませんが、フライトアテンドの皆さまが「自分たちができることをしよう」と思い、実行に移しているのは間違いありません。

このような、ちょっとしたプラスαを実践することが、とても大事なことだということが、今回のことで学ばせていただきました。

JALの粋なサービス
ちょっとしたおもてなし

JAL
JALカード

2016_06/28

「倒していいですか?」

先日、都内から静岡に向かう新幹線での車中!

後から乗ってきた若い二人連れの男性が前の席に着くなり、「椅子を倒してもいいですか?」と聞いてきたので、「いいですよ!」と答えまし
たが、言われるとその場の雰囲気が「ぱっ!」と明るくなりほんわかした気分になるものです。

私も常日頃から特急電車などに乗った場合、「倒してもいいですか?」と言うようにしていますが、けっこう勇気が必要だったりします。

どうせ伝えるのなら、笑顔で明るい声で伝えたほうが、よりその場の雰囲気が明るくなるのは間違いなさそうです。

写真:「倒してもいいですか」と言ってきた若い二人連れ、お弁当を食べています!

新幹線車内
新幹線車内

2016_05/08

東海道新幹線、車内放送

東海道新幹線の指定席に乗っていると、必ずといっていいほどあった検札が先月あたりから無くなりました。

昨日、新幹線に乗車した際の車内放送を聞いていて気が付いたことですが、「学生割引した乗車券を持っている方は証明書の提示をお願いすることがあります」と言っていました。ということは、割引キップで乗っている人がどこの席にいるのっか車掌さんはリアルタイムで分かるということ。

以前新幹線ネタを投稿した際に「指定席キップを新幹線改札機に通した時にネット回線でリアルタイムで車掌が持っている子機に届く」というコメントをいただいたことがありますが、技術はどんどん進化しているのですね。

東海道新幹線
東海道新幹線

2016_04/10

嬉しかったこと!

先日、都内で妻と一緒に電車で移動中のできごと。

席が一杯だったので立っていましたが、とある駅に着いたら前の席が空いたので、妻に「どうぞ」とうながしたら、その横に座っている人が、今度は私に「どうぞ」と言って別な席に移動してくれました。

こういうシーンは時々見かけますが、自分がそのような立場になったこと初めてなので、とっても嬉しく感じました。

自分が嬉しく感じたこと、今度は違う機会に自分が実践しようと思った次第です。

素敵な夕焼け
その日の目的地で見た素敵な夕焼け

2016_04/06

1等車両なのに・・・!

先日、中国に出張に行った際に乗った日本タイプ(E2系)の新幹線の一等席(グリーン車)のヘッドレスト。

新幹線によっては身長差に合わせてヘッドレストを上下できるようになっています。

私の隣の席のヘッドレストがやぶれており、写真のように宙ぶらりんのような状態になっていました。

日本では考えられません。

目で見えているところでこの状態ですから、目に見えない所はどうなっているのか・・・・・・。

ハードはお金を持ってさえいれば最新鋭車両(又は機械)を買うことができますが、それを扱う人間のほうが追い付いていないということを、昨日の飛行機の羽根に付いていた足あとや、こすれ傷があったことを含め、改めて感じました。

中国新幹線
中国新幹線

新幹線 ヘッドレスト
新幹線 ヘッドレスト

2016_04/05

大丈夫なのかな・・・・?

先日、中国に出張に行った際に乗った中国系航空機の窓側の席に座って羽根の部分に足あとが付いていたのと、羽根と羽根が擦れて塗料が取れているヶ所があったことににビックリです!(写真参照)

足あとが付いている羽根は可変式の翼で普段は主翼の中に格納されていますが、離着陸の時など、スピードが遅い時などに、表面に出すことで羽根全体の面積を広げ浮力を増すという目的で使われています。

ちなみに翼の上でも歩いてもいいところを悪いところがありますが可変式の場所は乗ってはいけない場所だと思ううんだけどなぁ~?

それと、写真の下側に羽根を出し入れする際に翼同士が擦れあって塗料が禿げている箇所がありました。

こういうことって航空機業界では全く問題がないことなのかもしれませんが、乗客としては不安を感じた次第です。

中国系航空機主翼の可変式翼の上に足あとが付いていたのと、羽根の出し入れで擦れあって摩耗しているところがありました(写真、中央下側の場所)

1 2 3 4 14
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる