新幹線ほか動くもの|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 新幹線ほか動くもの
新幹線ほか動くもの

2017_07/30

看板をしょっている時は見られている!

毎日車で通勤しています。

2車線が1車線になるところがあり、普通は交互に入っていくものですが、1台の車が前の車にピッタリとつき「絶対に自分の前には入れない」という意思がありありのAタクシーがいました。

以前妻が乗っている車にAタクシーが接触したという事故がありましたが、タクシー会社からやってきた人から「あなたが悪いんでしょ・・・、みたいなことを言われてとっても印象が悪い」と言っていた、いわくつきのタクシー会社の車。

恐らく会社の社風が「自分さえよければいい」みたいな会社なんだろうなぁ!

どのような会社なのか、どのような方が社長さんなのかと思ってホームページみようと思ったらありませんでした。

ネットの口コミに「1万円で拒否されました。いまだにこんなタクシーいるんだと思いました。もう使いません」も含めて評判の良くないことが書かれていたので、きっとそういうような社風なのでしょう。

看板を背負って走っているということは自分の信用と共に会社の信用も失うことになるので特に気をつけたいものです。

2017_07/28

皇太子殿下!

昨日、東京駅新幹線ホームでものものしい警備をしていたので、私服警備の方に「陛下がいらっしゃるのですか?」と訪ねたところ、皇太子殿下とのことだったのでその場にいることに。

発車数分前にお付きの人を従えて現れ、新幹線出入り口で駅長に声を掛けられて乗り込まれました。

10m以上離れていましたが、位が高い人のオーラは違います。

駅長が定刻1分ぐらい前から敬礼をし続け、新幹線がホームを離れて行く際には頭を下げていましたが私を含め何人もの関係者の皆さまも頭を下げていました。

計算したようなバッチリのタイミングだったこと、ツイています!

今日ネットで調べたら、「全国高校総合体育大会開会式出席のため、東京発の新幹線で山形県入りされた」との記事が掲載されていましたが、そういえば東京駅にはスポーツ服を着た学生が何十人もました。

出場されるそれぞれの県代表のみな様、悔いのない戦いをしてください。

駅長が敬礼で見送っています


山形県で開催される「南東北総体」HP

2017_06/22

あっちこっちに移動!

以前、電車がカーブを走行中に円の外側に働く遠心力を軽減するために線路にバンクがつけられているという記事を書きました。

バンクというのは自転車競技場のようにコーナーが傾けられている状態のことをいい、こうする事でよりスピードを出すことができます。

新幹線ひかり号に乗った際に、トレイに乗せたものがカーブを走行中、円の外側に動くのではなく、円の内側に動いているのを見て、バンクの角度がよりスピードを出して走行するのぞみ号に合わせたバンク角度に設計してあるんじゃぁないかと思いました。

なので、のぞみ号の場合はトレイの上の物が動かないのではないかと!

先日、のぞみ号に乗車する機会がありました。

ところがトレイに乗せたものはカーブを走行中、遠心力の働く方向に動くではないですか?

ということは、それだけのぞみ号のスピードが早いと言うこという事でなのでしょうね

2017_06/09

退職するCAに贈った機長の感動機内アナウンス

YouTubeにはもの凄い数の動画が記録されています。

 飛行機に関する感動話を検索していたら「退職するCAに贈った機長の感動機内アナウンス」というのがありましたたのでご紹介させていただきます。
 
動画の字幕スーパーを見て感動し、この文章を書きながら感動・・・・。
 
読む度にほろっとしてしまう内容です。
 
少し長いですが・・・・。

「退職するCAに贈った機長の感動機内アナウンス」

YouTubeにはもの凄い数の動画が記録されています。
 
飛行機に関する感動話を検索していたら「退職するCAに贈った機長の感動機内アナウンス」というのがありましたたのでご紹介させていただきます。
 
動画の字幕スーパーを見て感動し、この文章を書きながら感動です。
 
読む度にほろっとしてしまう内容です。,
 
少し長いですが・・・・。
 
「退職するCAに贈った機長の感動機内アナウンス」
雲間から現れたJTA562便の白い機体が、宮古空港に到着したその瞬間、空港の待合室全体に盛大な拍手が沸き起こった。
 
沖縄本島の離島、宮古島に家族と夏のバカンス旅行に行っていた私は、帰宅日の間際に大型で強い勢力を持つ台風8号の直撃を受けていました。
 
私たちが帰る前日から、ほとんどの飛行機の便が欠航し、当日も午前中の便と午後の便のほとんどが欠航の予定。
 
しかし、不思議なことに、私たちが乗る午後1時の便だけは、前日からなぜか出発予定になっていました。
 
キツネにつままれたような感覚でホテルをチェックアウトし、幸運の女神に感謝しつつ手荷物検査を通過し待合室へ。
 
ホっとしながら、家族と出発を待っていると、ふいに空港からのアナウンス。
 
「到着予定の飛行機が上空天候悪化のため、着陸できずにおります。着陸できない場合、欠航になりますので、予めご了承ください」
 
一転して、私の心は天国から地獄へ垂直落下。
 
同じように他の客さんたちも、窓にへばりついて空を見上げ、沖縄からやってくる飛行機を祈るように待ち続けていました。
 
その姿はまるで、漂流して到着した無人島で、救助の飛行機を待つ遭難者。
 
出発時間5分前になり、いよいよあきらめかけたその時、窓の方から歓喜が!
 
1時間ほどの上空旋回を試みていた飛行機が、見事雲の隙間をぬって宮古空港に着陸したのです。
 
JTA562便は、30分遅れて、無事宮古空港を離陸しました。
 
そして、本当のドラマはこの後の機内で待っていたのでした!
 
離陸してしばらくした頃、緊張からの開放と疲れでぐったりとしていた乗客たちに向けて、機長から機内アナウンスが始まりました。
 
「本日は、悪天候のため、出発が遅れまして大変にご迷惑をお掛けいたしました。心からお詫び申し上げます!
 
いつもの型どおりの挨拶が済んだ後に、機長がさらに話し始めました。
 
「飛行機が遅れた上に、誠に個人的なお話で大変に恐縮なのですが、今回のフライトを担当いたしております客室乗務員のTが、本便を最後に退職いたします。Tとは同期で入社し、共に歩んできた仲間でございます。彼女は上司に恵まれ、仲間にも恵まれ、一生懸命仕事に取り組んで参りました。最後の便をご一緒させていただきましたご縁に甘えて、皆さまに一言ご報告させていただきます。ありがとうございました」
 
数秒の間をおいた後、機内に小さな拍手の音が響きました。
 
はじめは、遠慮がちな拍手がやがて着ない全体は広がっていきました。
 
前日からの不安と緊張で疲れていた乗客たちでしたが、このアナウンスで、私と同じように多くの人が、あることに気づいたことでしょう。
 
Tさんの最後のフライトを飾ってあげたいという機長の想いが、上空を何度も旋回し、諦めずに雲の隙間を抜けて着陸させたのだろうということを。
 
飛行機は皆の想いを乗せて順調な飛行で無事沖縄に到着した後、客室乗務員のTさん本人が普段通りの到着のアナウンスをした後、最後に簡単な挨拶をされました。
 
「機長からお話いただいたTでございます。これまでの一便一便心を込めて搭乗させていただきました。本日この便をもちましてJTAを卒業させていただきます。皆様が私の客室乗務員としての最後のお客様となりました。本当にありがとうございました」
 
その挨拶の声と言葉は、短いながらも、一言一言が心からの想いがこもった、それは素晴しいスピーチでした。
 
聞いていた私は、不意に涙があふれてきて、困りました。
 
宮古島と沖縄を感動で結んだJTA562便の機長とTさんに、乗客たちは思いがけない素敵な空の旅をプレゼントしていただきました。

JTA便

2017_06/06

新幹線車体傾斜角

昨日、東海道新幹線「N700系 ひかり号」に乗車していたら、走行中にトレイの上に置いた物が移動したことから下記のような仮説を立ててみました。
 
 
遊園地のメリーゴーランドをくるくる回すと体が外側に動こうとする力が働きますが、これが遠心力。
 
ちなみに競輪場などではカーブの所にバンクという傾斜がついています。
 
これは遠心力を弱め、よりスピードが出やすい状態を作っているのだと思いますが、このバンクは電車などのカーブにも応用されている技術の一つ。
 
新幹線がカーブを走行する際に外側に向かう遠心力でトレイに乗せた物が移動するのかなと思ったのですが、
 
「N700系 ひかり号」の場合は内側(下側)に移動していました。
 
最新型のN700系車両は、線路のバンクに加えて車体が1度内側に傾く最新技術が採用されているので、
 
物が移動するのは、線路のバンク傾斜+1度の傾きで「車体の傾き過ぎが原因か?」と考えましたが、恐らくより速度を出す「のぞみ号」用にバンク角度が設定されているのだということに考えがまとまりました。
 
つまり、「のぞみ号」のスピードだと、トレイに乗せたものが動かない。
 
昨日、N700系の「ひかり号」に乗車し、動く物をみてこんなことを考えました。
 
 
 
追伸
皆さまの所にお邪魔できない状態が続いていること、大変に申し訳ありません。

JR東海HPより

2017_06/05

他人を思う気持ちを持ちたいものです!

昨日の夕方東京駅から静岡駅に向かう東海道新幹線!

指摘席が満席だったのですが自由席に座ることができました。

品川駅で90%位の乗車率となりましたが、2座席の通路側と3座席の真ん中の席に荷物を置いている人がいるので、後から乗ってきた人たちが気軽に座ることができません。

「座っていいですか?」と声を掛ければ荷物をどかしてくれるのですが、荷物を置いている人達は、できれば横に座って欲しくないと思ってる。

車両が空いていれば席に荷持をおくことは問題無いですが、混んできた時には、”おたがい様”の気持ちが持てる心の余裕を持ちたいものです。

自分がそうなった時には、隣の席には荷物を置かないようにしようと、改めて感じた次第です。

東海道新幹線 自由席

2017_05/28

粋な車内放送!

昨日は東京出張、行きと帰りの新幹線での車中。

「皆さま富士山が綺麗に見えますのでカメラをお持ちの方はどうぞ撮影なさってください」というようなアナウンスが流れた後に、一斉にスマホで撮影する音が聞こえてきます。

帰りの新幹線でもアナウンスがあり日本語の後にりゅうちょうな英語でのアナウンスがあるじゃぁないですか!

そう、まるで飛行機に乗っているみたいに。

粋なアナウンスに心がほっこりする車中でした・・・・。

東京から静岡に向かう新幹線車中から撮影!

1 2 3 4 16
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる