新幹線ほか動くもの|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > 新幹線ほか動くもの
新幹線ほか動くもの

2018_03/09

忍者列車

2月に京都から湖西線に乗車したら、のれんから忍者が覗いているようなディスプレイが天井に掛かっていました。

ネットで調べてみたら「忍者をイメージしたラッピング列車”SHINOBI-TRAIN”(シノビトレイン)」が昨年の2月25日より、忍者の里・甲賀市を通るJR草津線で運行を始めた」ということ
らしい。

社内の雰囲気も忍者っぽくなっていて乗っていてなんとなく楽しい雰囲気が伝わってきます。

電車のラッピングされた絵柄を撮影することができませんでしたが、忍者の絵が描かれていました。

電車も素敵な絵柄が描かれていると、次はどのような絵柄が来るのか楽しみになりますね。

忍者列車

2018_01/28

蒸気機関車のSLはなんの略称?

昨日テレビをみていたら蒸気機関車が走っている映像が流れました。

蒸気機関車の事をSLと呼びますが、なんの略称でしょうか?

英語が得意な方はご存知かもしれませんが、人生60年間生きていて今まで気にしたことがありませんでした。

ネットで調べたらSLは、Steam Locomotiveの略称

Steam =蒸気 / Locomotive=機関車

なるほど!

それにしても蒸気で動く機械というのはどのようなシステムで動いているのか、とっても興味が沸くところです。

SL 蒸気機関車

2017_11/26

新型車両「スーパーあずさ」

中央線の新宿駅~松本駅を走る「スーパーあずさ」が12月23日から新型車両になるという。

快適性を高めたほか、客室を一新してレジャーとビジネス双方の乗客ニーズに対応しており、東海道新幹線にはない、トランクを置くスペースもあるので、大型トランクを持ち込む外国人観光客は便利になりそう。

全席にコンセントがを備えたほか、ノートパソコンが置けるようにテーブルも大型化されているそうですが、乗車中にパソコンを操作している人のキーボードを打つ音はとっても気になるもの。

中には「エンターキー」を大きい音で打ち込むもいたりして不快の何ものでもありません。

まぁなにはともあれ、全世界でスマホが当たり前のように使われているので、座席にコンセントが付くことは嬉しいことですね。

しかし静岡市内に住んでいる私としては、「スーパーあずさ」には乗る機会がほとんどといってないのが残念です。

JR東日本の資料より

2017_11/20

座席に座れない・・・!

10月は外国人旅行者が過去最高になったとのニュースが数日前に流れました。
 
以前から新幹線に乗ると外国人旅行者の団体さんが必ずといっていいほど乗っています。
 
いつもエキスプレスカードで3座席のA席(窓側)を予約するのですが、座ろうと思ったら「えっ!」ということが・・・・!
 
3座席のB席・C席(通路側)に体格の良いカップルが荷物と共にドカンと座っていて、狭くなっているA席に座る勇気が湧きません。
 
この時には2人にはA席・B席に移動してもらい、私は肩身を狭くしてC席に座りました。
 
そういえば、数週間前にも同じように、お相撲さんのような体格のカップルがB席・C席に座っていて、A席の足元には大型トランクが「ドカン」と置いてあったのでそこに座るのを諦め、別の席に座りました。
 
「ついているなぁ~!」(汗)
 
まぁ、なにはともあれ、せっかく日本に旅行に来ていただいているので、旅を楽しんで貰いたいです。

東海道新幹線

2017_10/26

時々あります!

新幹線指定席に乗っていると、後から「そこ、私の席ですが?」と言われたことありませんか?

つい先日も指定席に座っていたらそんなことがあり、確認したら私が間違えていました。

そんなうっかり者の私です。

新幹線指定席

2017_10/24

目的地に到着した際の新幹線車内!

新幹線に乗車していて東京駅に到着。

先に通路に並んだ人たちが、ドアに向かって進んでいきます。

通路に出られない人たちの中で、勇気ある人は通路の流れに入っていきますが、

そうでない人たちは通路の流れが過ぎさるまで待っているというのは良く見かける光景です。

僕が通路にいる場合、立っている方と目があえば、「どうぞ」といって流れに入れるようにしていますが、

先に通路に並ぶ人が最優先とばかりに進んでいく光景がなんとなく寂しく感じたりします。

お互い様で行きたいですね!

新幹線車内

2017_10/14

国産EVスーパーカー

昨日の日刊工業新聞に、0kmから100km/時までの加速時間が、なんと2秒という電動スーパーカーの記事が掲載されていました。

重量850kg、モーター出力435ps、高さ990mm、最高時速280km、価格はなんと4億6,000万円。

これが大阪に本社がある資本金5000万円の人材派遣会社アスパークが作ってしまったという。

この会社の経営理念が素晴らしい!

「一人一人が輝き成長し続ける 勇気を持って常に新しいことに挑戦し続ける そして、夢を具現化し、世界一のヒューマンカンパニーとなる」 

販売は2019年を目指しているそうですが、ぜひとも実現して欲しいですね。

1 2 3 4 17
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる