社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019_11/03

当社の得意とする、溶射とは?

当社が得意とする「溶射」は種々の材料(粉末・ワイヤ・棒状)を高熱で瞬間的に溶かし、圧縮ガスや圧縮エアで吹き飛ばして積層させる技術の意一つ。

色んな産業界で稼働している自動機械のすり減りやすい部品の耐久性upのために使われることで、耐久性が増し、長期間安定した生産をすることが可能となります。

多品種小ロット生産がメインで、1年に1回以上の注文があるお客様数は1000社。

一番のお客様で、売上高に占める割合は5%なので、いかに数多くのお客様があることが分かると思います。

写真はワイヤ状の材料を使用する「ワイヤ溶射」
ワイヤ溶射

2019_07/17

中小機構NAVI

経済産業省の外郭団体である中小企業基盤整備機構(通称:中小機構)という中小企業を応援する団体があります。

昨年、中小機構が主催する新価値創造展に出展したことがきっかけで無料で動画を撮影していただきました。

全部で2分30秒程度ですが、弊社の事を少しでも知ってもらえる動画だと思っています。

もし、お時間があればご覧ください。

中小企業基盤整備機構とは・・・・・
我が国で唯一の中小企業政策全般にわたる総合的な支援・実施機関。約358万社といわれる日本の中小企業の経営を支援するため、全国9か所の地域本部、9つの中小企業大学校、29のインキュベーション施設を設けている。企業が抱えている課題や問題を的確にくみ取り、適切な支援を行うことを組織の使命としている。・・・・・

動画はこちらをクリックしてください

新価値創造NAVI_ 村田ボーリング技研

2019_05/17

ホームページをリニュアールしました!

昨日より村田ボーリング技研のホームページを3年半年ぶりにリニュアールしました。
 
今回のテーマは「技術は人から生まれる」
 
どのような技術も人の手で生まれていることは間違いありません。
 
最新の機械であっても人の手には叶わないといいます。
 
以前、静岡県内にあるピアノ生産工場を見学した時に、「最高級のグランドピアノは人の手で仕上げたものを使う」と説明がありました。
 
今回は、「手に技術を持っている職人軍団というイメージを前面に押し出したHPへ。
 
今までも「いいホームページですね」とホメていたくことが多かったですが、リニュアールしたものも「何か違う!!!」と感じて頂ければ嬉しいなぁ。

村田ボーリング技研・新HP

2019_05/14

嬉しい報告が届きました!

弊社が所属する学会の「技術功労賞」に2名(年齢70歳)を申請していたのですが、昨日2名の「受章のお知らせ」が届きました。

業界の発展に寄与したことが認められたこと、嬉しい限りです!

溶射加工

2019_04/14

デザインが気に入っています!

昨日、通販で購入したマグカップとトートバックが自宅に届きました!

溶射ガンと作業者がガンをもってSPRAYINGしている絵柄は長男がデザインしました。

なかなかいいじゃぁないですか。

お気に入りとなりそうです!

ClubT(オリジナルデザイングッズ作成・販売・購入)

http://ur2.link/RyY5

マグカップ&トートバッグ(溶射)

2019_03/28

溶射技術 応用例!

弊社が得意としている溶射技術

溶射加工とは要求される材料を瞬間的に溶かして(溶)高速で吹き付ける(射る)こと。

数多くの産業界でなくてはならない技術の一つ。

ちなみにスーパーカーであるホンダNSX、ニッサンGTR、トヨタレクサスLFAのエンジンにも採用されています。

以下、交通タイムス社HPより

ホンダNSXのシリンダーは一般的な鋳鉄ライナー鋳込みではなく、最新テクノロジーであるプラズマ溶射シリンダーが採用されている。これは、シリンダー内壁に200ミクロン(=0.2㎜)という極薄の鉄粒子膜を形成するもの。

 ピストンが上下しても摩耗しないような高い耐摩耗性や潤滑性をもちつつ、シリンダーの熱伝導率を鋳鉄比で52%も向上することが可能となる。これによって約3㎏の軽量化も行えるほか、ボアピッチを狭くする相乗効果も生まれ、外寸をコンパクトにすることができた。

ホンダNSX 2,370万円

2019_02/02

溶射の炎

弊社が得意としている溶射加工!

溶射とは素材に被覆するための材料を瞬間的に溶かし(溶)、高速で飛ばす(射る)こと。

各種溶射装置から噴出される炎は見応えがあります。

下記写真は、ワイヤー状の材料をガス炎で溶かし圧縮空気によって吹き飛ばしているところで、昨年TVコマーシャルで使っていました。

TVCMはこちら!

溶けた溶滴が花火のように見えています。

村田ボーリング技研 テレビコマーシャル