社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019_06/11

ライバルと思っている時点で負けている!

あいつには負けたくない、あのお店、あの会社には負けたくないというライバルは誰でも持っているもの。

斎藤一人さんは「そう思っている時点で既に負けている」といいます。

勝っていればそんなことは思わない。

負けたくないと思っているうちは相手よりも上回っているところを探そうとするし、相手の弱点しか目に入らなくなり、口にするようになる。

結果、「器が小さい人」となる。

それよりも、相手の良いところを見つけ直ぐに取り入れる。

「あの人がいるから自分が頑張れる」と、相手を称えていると、他人から信頼してもらえる人となる。

「なるほどねぇ・・・」

朝焼け

この記事をシェアする

コメント(5)

  • 2019年6月11日03:16

    おはようございます。

    私より優れている方は、果てしなくします。
    そこをチャンスと考え、その方からたくさんの事を学んでいます。
    成長のスピードもUPします♪

  • 2019年6月11日07:35

    おはようございます。(^^)
    確かにです。

    意見を述べて的を得ていて相手が怒ったら・・・(^^)

  • 2019年6月11日10:18

    素晴らしい心構えです(反省!)

    >相手の良いところを見つけ直ぐに取り入れる。
    >あの人がいるから自分が頑張れる
    こんな人間目指します!

  • 2019年6月11日16:45

    こんにちは。
    >相手の良いところを見つけ直ぐに取り入れる。
      ありがとうございます。
      私もそうしたいと思います。

  • 2019年6月11日16:58

    こんにちは!

    ライバルを設定することは悪いことじゃないと思います。
    切磋琢磨できる存在がいることは素晴らしいことです。
    ただ、その存在を妬んだり陥れたりしようとすることが問題です。
    卑屈になっている時間があれば自分を磨く時間に費やすことですね。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA