ニューモラル|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

ホーム > 社長ブログ「溶射屋」 > タグ : ニューモラル
タグ:ニューモラル

2018_09/21

今できることを実践したいものです!

なにかが起きた時に、自分には関係ないと考える組織は硬直化しいつまでたっても解決しませんが、

自分事と考える組織は今自分ができることを率先して動くのであっという間に解決してしまうこと間違いありません。

上になる人ほど「自分事」と考えることがとっても大事なこと。

宿泊先の部屋にあったモラロジー研究所発行の月刊誌ニューモラル589号「それって『めんどくさい?』のタイトルを見て、ふとそう感じました。

ニューモラル589号 それって「めんどくさい?」

2018_08/03

良い心の生活習慣作り

我々は、日々の行動に現れる「習慣」とともに、目に見えない心づかいの「習慣」を持っています。

習慣とは自分では意識しないで出てしまう心の癖のようなも。

「自分はできない」、「無理に決まってる」と思っていると、知らないうちに目に見えない「壁」を作っていることはあまりに多い!

僕もその一人!

この目に見えない習慣は人生に大きな影響を与えることになる。

喜びの多い人生にするためには、意識して「良い心の生活習慣作り」を心がけていくことが大事なんでしょうね。


2018_08/02

受け止める心・許す心を持ちたいものです!

公園が綺麗なのはボランティアの人たちが掃除をしていてくれるから。

室内が綺麗なのは掃除をしてくれている人がいるから、、、、。

目に見えないところで誰かがやっていてくれているから綺麗になっている。

人間はそういう当たり前には気がつかないものですが、気が付くのは「よくないところ」ばかり。

そうなると他人を責め続ける心となってしまいます。

そうならないためには「攻める心」から「受け止める心」「許す心」を持つことが大切だと。

そういう気持ちでみずからの周囲を観察すれば、誰かの「見えない心づかい」が見えてくるようになるし、そういうことを数多く発見できれば喜びと感謝に満ちたものになっていくでしょうと。

写真のニューモラルを読んで、自分もそういう心を常に持ち続けたいものだと反省するばかりです。

短気な人ほど許せない心が強いのでしょうね・・・・・。

ニューモラル

2017_09/21

幸せ感が高い人!

モラロジー研究所発行のニューモラル577号(抜粋)

幸せのメカニズムを科学的に解明する「幸福学」の第一人者である前野隆司先生(慶応大学院教授)は、日本人1,500人のアンケート調査から、「これを満たせば幸福感が得られる」という4つの要素を導き出したそうです。

①「やってみよう」因子(自己実現と成長)
②「ありがとう」因子(ととうながりと感謝)
③「なんとかなる」因子(前向きと楽観)
④「あなたらしく」因子(独立とマイペース)

この4つの心をバランスよくはたらかせている人ほど幸福感が高いそうです。

4つを完璧にやってみようと思うとハードルが高いですが、たとえば、誰かにしてもらった親切に対して素直に「ありがとう」という心が湧き起こったとき、そこには「小さな幸せ」が感じられるはずだと・・・・。

確かに小さな親切に感謝できる心を持っていれば身の回りの色んな事で数多くの「ありがとう」を感じることができますね。

さぁ、今日はいくつ「ありがとう」がいえるかな・・・・。

ニューモラル

2017_06/01

給料日!

昨日は給料日。

30日に東北工場と東京営業所。

31日は名古屋工場と本社工場の出勤している全員に「ご苦労さまでした!」と手渡してきました。

少しでも気持ちが伝わればいいなぁ!

給与明細と一緒にモラロジー研究所が発行している「ニューモラル」も渡しています。



2016_12/29

仕事納め+お楽しみ抽選会!

昨日、仕事納めの日でもあり、給料日でもあり、お楽しみ抽選会の日でした。

毎月の給料日には社長メッセージ入りの給料明細と、当月誕生月の方へのメッセージ付きケーキと、次月が誕生月の人には、ご祖先にご報告するためのお線香を差し上げています。

年末のお楽しみの一つは、なんと言っても現金で戻される年末調整還付金!

そして、皆さまからいただいたお歳暮の抽選会があるので、それになりに盛り上がる時でもあります。

今回は期限切れになる保存水と乾パンと地震に関しての本も配布しました。

dsc02899
缶ビールのセットが当たって喜んでいるSさん(左)と手わたしているMさん

dsc02904
当たってガッツポーズしているMさん

仕事納め
給料明細+年末調整金+ニューモラル+抽選会+地震に関する本+期限切れが近い保存水と乾パン+頂いたカレンダーの配布

2016_06/06

感謝の手紙を伝えると!

モラロジー研究所発行「ニューモラル」平成28年6月号より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家族や親戚、友人や恩師、職場の上司など、お世話になった相手に対して、その相手にしてもらったことが自分の人生にどのような影響があったかを伝える「感謝の手紙」を書くという取り組み!

例え相手に渡さなかったとしても、書くこと自体に意味がありますが、実行した場合には、届けた本人がもっとも幸福感を味わうことができたという、アメリカの大学実験結果があります。

私達は感謝された時に幸せな気持ちになりますが、感謝した側になっても幸せな気持ちになるところに感謝の持つ大きな力があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人からお世話になったことを振り返って感謝し、それを伝える。

この行動を繰り返すことで相手も、そして自分も幸せな気持ちになり、それが第3者にも伝わっていくという素敵な輪が広がっていくことになるのでしょうね。

ニューモラル
モラロジー研究所発行「ニューモラル」平成28年6月号

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる