社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

2017_06/08

道具に心が宿る!

ある武道をしている若者と話しをした。

道具を道具として扱っていなかった時よりも、道具を大切に扱うようになってからのほうがよりよい結果が出るようになったと。

道具に心をこめるということは日本人なら誰でも理解することができること。

大リーグのイチロウは道具を大切にすることで知られていますが、とくに四球の時などはバットを地面にそっと置くという。

ネットで調べたところ、「道具を大切に扱っている選手は選手生活が長い!」とも。

一流アスリートに限らず、自分が仕事で使っている機械や道具は大切に扱えば扱うほど期待に答えてくれるものなのでしょうね。

イチロウ フリー画像より

2017_06/07

いつもありがとうございます!

ブログを投稿し始めて11年半が経過し、facebookは6年4ヶ月が経過。

6年前までは声を掛けられる際には「ブログを読んでいます」でしたが、facebookを初めてからは「facebookを読んでいます」となりました。

ブログ記事もfacebook記事も内容は同じですが、前者は仕事用で後者は個人用で使い分け!

なるべく前向きな内容とか、皆さんが気がついていそうで気がついてい・・・・、みたいな事を書くようにしているので、皆さまからは、「村田というのは取り敢えず、まともな人間じゃぁないかな?」と思って頂いているようです。

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。

感謝・感謝です!

社長ブログ溶射屋

2017_06/06

新幹線車体傾斜角

昨日、東海道新幹線「N700系 ひかり号」に乗車していたら、走行中にトレイの上に置いた物が移動したことから下記のような仮説を立ててみました。
 
 
遊園地のメリーゴーランドをくるくる回すと体が外側に動こうとする力が働きますが、これが遠心力。
 
ちなみに競輪場などではカーブの所にバンクという傾斜がついています。
 
これは遠心力を弱め、よりスピードが出やすい状態を作っているのだと思いますが、このバンクは電車などのカーブにも応用されている技術の一つ。
 
新幹線がカーブを走行する際に外側に向かう遠心力でトレイに乗せた物が移動するのかなと思ったのですが、
 
「N700系 ひかり号」の場合は内側(下側)に移動していました。
 
最新型のN700系車両は、線路のバンクに加えて車体が1度内側に傾く最新技術が採用されているので、
 
物が移動するのは、線路のバンク傾斜+1度の傾きで「車体の傾き過ぎが原因か?」と考えましたが、恐らくより速度を出す「のぞみ号」用にバンク角度が設定されているのだということに考えがまとまりました。
 
つまり、「のぞみ号」のスピードだと、トレイに乗せたものが動かない。
 
昨日、N700系の「ひかり号」に乗車し、動く物をみてこんなことを考えました。
 
 
 
追伸
皆さまの所にお邪魔できない状態が続いていること、大変に申し訳ありません。

JR東海HPより

2017_06/05

他人を思う気持ちを持ちたいものです!

昨日の夕方東京駅から静岡駅に向かう東海道新幹線!

指摘席が満席だったのですが自由席に座ることができました。

品川駅で90%位の乗車率となりましたが、2座席の通路側と3座席の真ん中の席に荷物を置いている人がいるので、後から乗ってきた人たちが気軽に座ることができません。

「座っていいですか?」と声を掛ければ荷物をどかしてくれるのですが、荷物を置いている人達は、できれば横に座って欲しくないと思ってる。

車両が空いていれば席に荷持をおくことは問題無いですが、混んできた時には、”おたがい様”の気持ちが持てる心の余裕を持ちたいものです。

自分がそうなった時には、隣の席には荷物を置かないようにしようと、改めて感じた次第です。

東海道新幹線 自由席

2017_06/04

省人化

土日と関東に出張です。

ビジネスホテルに連泊していますが、ホテルの部屋を掃除しない場合は300円安くなるという金額設定があったのでそのプランを選択。

昨晩ホテルに帰ってきたら新しいタオルが部屋の前に置いてありましたが、前日使ったタオルをそのまま使いました。

ホテルのHPには「環境にも財布にもやさしいプラン」と書かれてありましたが、エコプランを選択してもらうことで、省人化につながり人出不足対策になるんだろうなぁと思いました。

東横イン エコプラン

2017_06/03

メールアドレスがない

20年前に月一回一泊2日で全8回コースの研修会に参加しました。

当時名刺交換した名刺を何気なくみていたら12名の班員全員の名刺にはメールアドレスが印刷されていません。

今では当たり前となり便利過ぎるくらいに使っているEメールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は20年前には無く、相手に連絡するは電話かファックスの時代でした。

ちなみに弊社のホームページは20年前にはあったように思うのですが、記憶にありません。

世の中、本当に便利になったものです。

幹部候補生スクール

2017_06/02

学生が採用できない!

5月30日に厚生労働省が発表した有効求人倍率はバブル時のピークだった1990年7月の1.46倍を超えて1.48倍となったそうです。

昨日、「自らが考えて決断し行動する社会人を世に送り出すこと」を支援している団体役員の方とお話したのですが、大学生を欲しいと思っている企業のほとんどが昨年よりも会社見学に来る学生の数が減っていると。

6月1日大手企業の求人が(取り敢えず?)解禁になったことで、いい人財に内定を出せたと思っている中堅中小企業が根こそぎ内定キャンセルが出る能性が本当に大きいと思う。

企業側の求人数が伸びていることに対して、学生数は減っているし、日本一人手不足感がある関東圏の企業が地方にまで触手を伸ばしていることを考えると、例年と同じ様な求人活動をしていれば全く学生が採用できないことになるのは間違いありません。

今日「人手不足倒産」でネット検索したら結構ヒットするし、当然ですが深刻な問題だということが書かれています。

会社が一生懸命に仕事を取ってくると同じレベルで、全社をあげての採用活動をする事が大事になってきました。

  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる