社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

2019_06/08

生産量が減少しているのは間違いありません!

今朝の日経新聞1面の「出生率3年連続で低下」の見出し。

人口を現状維持するには女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)は2.06~2.07と言われていますが、2.0を割り込んだのは、なんと44年前の1975年なんです。

それから30数年過ぎてから日本の人口は減少に転じる。

仮に数十年後(40~50年後?)に合計特殊出生率が2.06以上になったとしても、人口減少が下げ止まり、上昇するまで少なくとも今から100年以上は掛かるのではないかと。

新聞によると2018年の人口自然減が44.4万人にはビックリしますが、1年で一つの市が無くなっているようなもの。

生活するのに必要な数多くの生産物が減少しているのは間違いありません。

2018年 合計特殊出生率3年連続低下

この記事をシェアする

コメント(2)

  • 2019年6月8日09:23

    人口減は大きな問題ですね。
    でも、我々は特に仕事面においては
    計画を明確化し、常にできる事を考えて
    いかないといけないと感じています。

  • 2019年6月8日17:06

    こんにちは。
    今と同じ水準を維持するのは難しいですね。
    人口が減っても成り立つ社会にならないといけません。
    難しいです。

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA