社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

ツキを呼ぶ魔法の言葉

2020_09/15

いつまでも信頼を得ることができません!

何か事があった時に「自分が悪かった」と反省できる人は、反省をする度に人間の器が大きくなると共に、回りからの信頼が厚くなる。
 
反対に「あいつが悪い、こいつが悪い」と反省するどころか、他人に責任転嫁するような人は、いつまで経っても成長も信頼も得ることができません。
 
反省ができない人ほど、この法則に気がつかないものです。

今朝の空模様

2020_09/11

「サンキュー!」ではなく「ありがとう!」

「ありがとう」は「有難う」と書きます。

「有り得ない」ような「難しい」ことがあった時に、神に向かって感謝の念を込めて言う言葉だといいます。

この事を教えてもらってからお礼の言葉は、「サンキュー」ではなく「有難う」になりました。

素敵な空模様

2020_09/06

神様からの最高のプレゼント!

英語では「現在、今」の事を「プレゼント」といい、

「今、この瞬間、何も起きていないことこそが神様からの最高のプレゼント!」と小林正観さんはいいます。

このことに気がついたら、「打ち出の小槌」を手に入れたことになると。

しかし、この打ち出の小槌は諸刃の剣。

「ありがとう」を言えば言った数だけ、それを言いたくなる現象が降ってくるけど、

「痴や泣き言」をいっていると、同じ数だけそれを言いたくなるような現象が降ってくる。

今、この瞬間、「何も無いことに感謝することが理解できる人」は、24時間感謝の気持ちになることができ、感謝の言葉を言った分だけ、それをいいたくなる現象がまた起きる。

その反対も然り!

さて、「感謝の善循環」にしていくのか、「不満の悪循環」にしていくのか?

答えは明白です。

下記は小林正観著「喜ばれる」 周りに良くすると倍になって返ってきます
小林正観著「喜ばれる」

2020_08/31

赤ちゃんは諦めない!

「赤ちゃんほど超プラス発想しているんです!」と西田文郎さん。 

ハイハイしてから立ち上がるまで、どれだけひっくり返っても、転がっても諦めずに最後は立ち上がる。

立ち上がるのを諦めてハイハイのまま大人になる人はいません。

だから諦めないことが肝心だと。

物心がついてくるに従って「無理だ」「出来ない」になり、実行する前から、そして途中で諦めることになる。

「目標は諦めた途端に達成しませんが、諦めない限り実現するしかない」と・・・。

「夢は諦めない限り実現するしかない」の福島正伸さんと一緒のことをいっています。

気持ちの良い空模様

2020_08/18

他人を幸せにしようとすると!

元、カリスマ塾講師である(株)アビリティトレーニング 代表取締役木下晴弘さん。

超難関校入学№1を誇る有名塾なので高学歴の人たちばかりの卒業生が1万人位の時。

彼らに、「どんな気持ちで生きているのか」、「仕事とは何なのか」、「お金とは何なのか」など質問をしてみたところ、「今どん底の人生を歩んでいる」と思っている子が予想以上に多かったそうです。

出てきた答えを整理した時に、たった一つの違いが人生を分けるということに確信を持ったと。

幸せ感あふれる人生を歩んだ方は全員が、他人の喜びを我が喜びとする価値観を持っている。

逆に、「いいものが食べたい」「いい服が着たい」「愛されたい」「認められたい」「昇進したい」など、
「自分は不幸だ」と認識している教え子たちはみんな、己の喜びが最優先の人生を歩んでいた。

不幸な人生を歩んでいた教え子たちは、自分のことしか考えていないかった。

木下さんは、そのことに気が付き、それ以後の子どもたちには「人に喜びを与える人生こそ、幸せな人生を歩める」ということを教えて行ったそうです。

自分の幸せを求めるより、他人の幸せを求めることこそが、結果的に自分が幸せになることなんですね。

写真、2012年に弊社主催の講演会にお招きしました(父85歳・母83歳)
木下晴弘さんと両親(村田照代、保)

2020_07/09

人はなりたいようにしかならない!

福島正伸さんから「人はなりたいようにしかならない」ということを学びました。

ダイエットや禁煙、禁酒しようと思っても、成功するかしないかはその人次第。

何ごとも本気で取り組む人は成功するし、本気になれない人はそれなりの結果にしかならない。

こんな当たり前の事を福島正伸さんから聞くと、新鮮に心に響くからら不思議です。

写真は福島正伸さんをお招きしての一般公開講演会「みんな!だいすき~」\(^o^)/

村田ボーリング技研社員勉強会(講師:福島正伸氏)


2020_06/05

大きな夢を持たなくてもいい!!

斎藤一人さんは「夢がなくとも道は開ける」と言います。

目の前の人を笑顔にするという夢ならば、毎日夢が実現できることになる。

気軽にできることを続けることで筋力が付くことで喜ばせる人の数が増えて行くので、大きな夢を持たなくて問題ないし、持つ必要もないと。

今、この瞬間から自分ができることが始められます・・・。

夢がなくても道は開ける斎藤一人さん