徒然|社長ブログ「溶射屋」|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

徒然

2018_10/12

無料と有料の「感謝祭」

10数年前からお世話になっているA社から「感謝祭」の案内が毎年届きます。

数回しか出席したことはありませんが、今回は創業30周年を記念してのと開催ということで、第一部が社長とゲストのそれぞれの講演と第二部が座席指定の懇親会で、参加費用は15,000円。

数日前に数年前からお世話になっているB社から創業5周年記念「感謝祭」の案内が届きました。

内容は第一部が事務所内の見学と未来を描くためのワークショップ開催で、第二部が社員表彰を含む立食パーティーで無料招待。

A社は経営に苦戦していますが、B社は歴史は浅いけど勢いがある。

A社の「有料感謝祭」に関しては今まで違和感は感じていませんでしたが、B社から「無料感謝祭」の案内が届いたことでA社の有料感謝祭に違和感を感じました。

仮に「感謝祭」のタイトルを付けての自社開催をするとしたら、「お客様に対して感謝の意を表す」ということなので無料招待かなぁ!

まぁ、色んな形の感謝祭があるので、「どれが正しくて、どれが正しくない」ということはないと思います。

写真:ランニング中に撮影
気持ちの良い空模様

2018_10/09

「社長ネクタイが・・・・」

「社長ネクタイが・・・・」

 
自分の記憶では、官公庁や銀行では10月までクールビズを続けていたような・・・・。
 
なので、今月に入ってもネクタイをしないままでいたのですが、二人の管理職から「社長、ネクタイをしていませんよ」といわれました。
 
昔から10月に入れば衣替えと決まっていますから、すぐにネクタイを着用。
 
クールビズをネットで調べたら、環境省が発表した2018年のクールビズの期間は5月1日から9月30日までの5カ月間だそうです。
 
そして、クールビズが始まった2005年から2018年の間に、環境省が発表した期間が3パターンあるということを知りました。
 
2005年~2010年:6月1日から9月30日まで(4カ月間)
2011年~2015年:5月1日から10月31日まで(6カ月間)
2016年~2018年:5月1日から9月30日まで(5カ月間)
 
・・・・・ということは、官公庁で10月までクールビズをやっていたのは2015年までということになります。
 
記憶というのはあいまいなものですね。
 
それしても社長に注意をしてくれるなんていいじゃぁないですか。
 
「いいやすい雰囲気があるのかな」と勝手に解釈した私でした(笑)

写真は、今朝の朝焼けが写るビル
朝焼けが写りこむビル

2018_10/04

「俺は、知らねぇよ!」

何か問題があるような際に相談する時というのは何らかの回答をもらいたいもの。

相談した相手から「俺は知らねぇよ!」(俺には関係ない、聞いていない)という回答が帰ってくる時ほどガッカリすることはありません。

上の立場になればなるほど、関係ないことでも自分事で考える事が望まれます。

じゃぁ自分はどうなのかと振り返ると「言っていない」という自信がありません。

他人のことは良く見えますが、自分のことは全く見えないもの。

「自分はどうなのかと振り返ることっても必要なことだなぁ」と、ふと感じました。

写真:9月半ばの18時半頃、オレンジ色に輝く空模様

夕焼け

2018_10/03

「気が付きなさい!」

ある飲食店に掲示してあった色紙の言葉が目に付きました。

「ぶつぶつ、くよくよしていても、同じ顔なら、笑顔のほうがいいじゃあないか」

五感で感じるものは全て必然と思っています。

「気が付きなさい」と言われているようでした。

確かに、仏頂面や湿った顔付きよりは笑顔のほうがいいに決まっています(^.^)

ぶつぶつ、くよくよしていても、同じ顔なら、笑顔のほうがいいじゃあないか

2018_10/01

台風24号

深夜に静岡県の近くを通り過ぎていった大潟台風24号。

雨はそれほどでもありませんでしたが、家が揺れるくらいに風が強かったです。

4時に起きて近くの公園に行ってみましたが小枝が折れているくらいで、木は倒れていませんでした。

町内を歩いてみても鉢植えや自転車が倒れているくらい。

さほど大きな被害はなかったようですが、皆さまのところはいかがだったでしょうか?

都内では51万戸が停電だったようですが、電気は生活する上でなくてはならないものなので本当に困ります。

写真は2011年9月の台風15号過ぎ去りし後の近所の公園ですが4本の木が倒れていました。

2018_09/15

何歳になっても学びは大事ですね!

仮説ですが、

人は疑ってかかるものと思っている人は、

普段の自分が疑いをかけられても仕方ない行動をしているので、他人も同じことをするのではないか。

だから、人を信じられないので管理しようとする。

このような人が上司やトップにいると部下は常に管理された状態になるので働きずらいでしょうね。

さて、この手の人は他人から言われただけでは考え方は変わりません。

、、というよりは、「自分が正しい」と思っている人ほど他人の意見は聞きません。

「じゃぁ、あなたはどうなの?」と、問われそうですが、自分のことは分からないもの。

上になる人ほど、学びの場で色んな体験をし、数多くの気づきや学びを得ることで自分の考え方を常に修正することって本当に大事なことなんでしょうね。

幻想的な空模様

2018_09/12

東京方面に向かうことを、なぜ「上り」というのか!

日曜日の27時間テレビ。

太平洋戦争時、アメリカ軍が戦う相手の日本とはどういう国かということを兵士に学ばせるための映画を紹介していました。

天皇は現人神ということで、高い所から見下ろすのはご法度。

陛下が道を移動する際の2階以上の建物はカーテンを閉めていたと。

御所が一番高い場所ということで、東京に向かう列車は「上り」となった。

Wikipediaによると「上り」のことを「明治維新以前は京都、明治期以降は東京に向かうものを指す」と。

また、YouTubeに投稿されている”戦時下のアメリカのプロパガンダ映像”を見ると「旭日旗は上る太陽であり天皇のこという」と解説していました。

「なるほどねぇ!!」

そういえば勲章には下記のように頭に「旭日」が付いています。

「旭日大綬章、旭日重光章、旭日中綬章、旭日小綬章、旭日双光章、旭日双光章」

ちなみに旭日旗は、現在では陸上自衛隊で自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として使用されているそうです。

旭日旗

1 2 3 4 146
  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる