いかに生き残るか!|溶射の村田ボーリング技研株式会社

社長ブログ「溶射屋」イメージ
社長ブログ「溶射屋」

日々の気づきを投稿中

2019_04/15

いかに生き残るか!

総務省が12日に発表した人口推計によると、2018年度1年間の出生児数は94万4千人、死亡者株は136万9千人。
 
外国人も含む日本の総人口はピークの2008年から164万人も減少しているという。
 
人口を維持できるのは女性が一生涯に産む子供の数2.0人のところ1.43人なので人口は益々加速度を上げて減少していきます。
 
これからいかに生き残っていくか。
 
今まで以上にお客様に信頼される会社作りをしていかなければならない事は間違いありません。

日本経済新聞 「人口減少率最大に」

コメント(7)

  • 2019年4月15日06:08

    おはようございます。
    ここ数年は、かなりの案件が自動化・省人化を目標にしての引き合いですね。
    人手不足を実感してます。
    だからこそ出来る事もいっぱいありそうですが(^^)

  • 2019年4月15日17:16

    こんにちは!

    人手不足が明るみになってきた昨今だからこそ、お客様との絆を深めることが重要だと思います。企業は今まで以上に努力が求められていますね。

  • 2019年4月15日17:41

    こんにちは。

    この問題は深刻です。
    このままいくと、将来、日本が消滅しそうです・・・。
    本当に心配な問題です。

    ポイッ

  • 2019年4月15日19:37

    こんにちは。
    厳しい世の中になりそうですね。
    どのように生きて行くか、行き当たりばったりでなく
    真剣に考えていかなければ行けません。

  • 2019年4月15日21:38

    溶射屋さん、こんばんは!

    生き残りがますます大変な時代ですね。
    うちも溶射屋さんを見習って頑張ります。

  • 2019年4月16日03:12

    おはようございます。

    まさにですね。
    更にを考えると、生き残るだけでなく「勝ち残る」を目標にしています。

  • 2019年4月16日06:45

    おはようございます。

    日本に出生率の低下は動物としての日本人の繁殖能力の低下を意味し、その原因は精子数の現象と異常、母体の異常です。
    その原因は、自然から遠ざかった食習慣、生活習慣に起因します。
    農薬の化学物質も過剰な電磁波もなかった19世紀の味を顧みましょう。(^^)

コメントを書く

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。
※メールアドレスは任意ですが、未入力の場合、必ず管理者の認証が必要になります。
※メールアドレスを入力すると、2回目以降は自動で認証され、公開されます。

CAPTCHA


  • 社長ブログ「溶射屋」
  • 村田上海だよりブログ

お見積り無料!溶射に関するお問い合わせは

054-259-1251

受付時間:平日 9:00~18:00

溶射の村田ボーリング技研株式会社

〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1-30-45

ページトップへもどる