社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

社長ブログ
溶射屋
日々の気づきを投稿中

「村田ボーリング技研」

2019_12/13

社員とその家族のために!

本年度1月に全社員対象(嘱託・パート・アルバイト含む)にガン保険に加入。

今週から正社員と嘱託者を対象に生命保険に入る手続きを取っています。

2人に1人がガンになるといわれているので、病気になってしまった時のために。

そして、社員に何か不幸があった時に遺族が困らないように!

昨日、新人のSさんが「求人担当者ブログ」に生命保険の事を書いてくれました。

彼女の気持ちがとっても嬉しいです。

 ・・・・・・・・・・
今日は、村田ボーリングの新しい福利厚生が追加されたのでお話したいと思います。
今回、正社員・嘱託の方が会社負担で生命保険に加入しました。
今週の月曜日に社長から発表があり、社員またその家族を大切にするという想いで加入を決断しました。
私は聞いた瞬間、すごい決断だと驚かされました。
がん保険も入り、生命保険にも加入ということ。
何も感じない方やラッキーと思う方もいらっしゃるかと思いますが、この福利厚生は社員第一に考えた取り組みではないかと思います。
福利厚生が毎年追加されているのでなんだか楽しみになってきますし、仕事も頑張ろうと思いますね。
そして気づいたことは、この福利厚生が当たり前じゃないという事です。
新入社員が言う事ではありませんが…。(笑)
他の会社ではあまり聞いたことがありません。
社長側が社員を大切にするのは当たり前で福利厚生を改善するのも当たり前になってしまいがちですが…。
社員から社長へ感謝の言葉が飛び交う会社になれたらさらに村田ボーリングの会社が成長するのではないかと思いました。
生命保険は、入社して1年後に加入できるという事で私はまだ加入していませんがこの決断をした村田社長に感謝したいと思います。
・・・・・・・・・・
村田ボーリング技研HP

2019_12/11

日経トップリーダーより取材依頼がありました!

先週ですが、日経BP社発行の「日経トップリーダー」(旧誌名・日経ベンチャー)から取材を受けました。

内容は、「少子化になり学生の採用が困難になる中で採用活動に困っていない企業も存在する」

「学生はそういう企業のどこに興味をもっているのか?」

村田ボーリング技研のことや経営方針等を3時間近くお話ししました。

掲載は1月号とのことですが、本当にありがたいことです。

この本は年間契約での購入ですが、バッグナンバーが日経BPホームページで、1カ月遅れでAmazonで購入できるようです。

日経トップリーダーHP

2019_12/08

いきいきワークスタイル通信に掲載!

下記は新人のSさんが「人事担当者ブログに」投稿した記事をご紹介します。

いきいきワークスタイル通信に掲載!

いきいきワークスタイル通信に村田ボーリングの取り組みが掲載されました。

なぜ掲載されたかというと、静岡市が行う「多様な人材の活躍応援事業所表彰」の奨励賞を頂いたからです。

会社側が社員に対して働きやすい環境づくりができているかなどを審査し、選ばれる賞です。

村田ボーリングでは、社長が『社員を幸せにする経営』=いい会社を目指しており、福利厚生が充実しています。

是非リンクからチェックしてみて下さい。

http://shizumatch.jp/shizuoka-ws/introduction/831/

活き活きワークスタイル通信

2019_12/07

変化を求めない組織は時代に取り残される

少子高齢化社会に突入し、人口が減り続けるしかない日本。

地球規模で商売をしている大企業ならともかく、国内だけで仕事をしようとしている企業は時代に合わせて組織を変えて行く必要があります。

「今のままで問題がないのだから、これからも同じように続ければいい」

こんな考えを持っていると時代に取り残されるのは間違いありません。

写真は村田ボーリング技研HP
写真は村田ボーリング技研HP

2019_11/30

2005年より投稿し始めて・・・!

2005年12月27日のブログ投稿を開始して14年。

2019年11月21日で5000投稿になっていました・・・。

2008年8月5日からは連続投稿継続中。

「ネタがないかなぁ~」と思いながら日々投稿していると色んな事に気が付くことが多いので、自分としては感性を磨くツールとなっています。

身の回りの気が付いたことを記事にしようと思っているのですが、「なるほど!」というネタが仕入れられないのが現状(汗)

皆さまこれからもよろしくお願いいたします。

2019_11/25

縁起ものですから・・・!

先日、都内に出張した際に「酉の市」に行ってきました。

浅草鷲神社には18時半頃にたどり着きましたが縁起物がライトで光り輝いていたのが印象的。

酉の市はHPによると「鷲神社の御祭神である天日鷲命と日本武尊の御神慮を伺い、御神恩に感謝して、くる年の開運、授福、殖産、除災、商売繁盛をお祈りするお祭り」

せっかくなので縁起物買おうと思い、

(私)「それと、それををください」

(お店の人)「大きい方が25,000円、小さい方が12,000円で合計37,000円です」

値段の高さにビックリしましたが後に引けず購入。。

縁起物には値段が書かれていませんでしたが、こういうものは値段を気にして買うものではないんでしょうね(汗)

きっと江戸っ子も値段なんか気にしてなかったのでしょう。

浅草酉の市 縁起物 会社用(左)と自宅用(右)

2019_11/22

日本の子どもが一人になる日!

人口が現状維持できるのは、女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)が2.07。

1975年に2.0を割り込み、現在は1.43ですから日本の人口は下がり続けるしかありません。

先日、東北大学・高齢経済社会研究センター長である吉田先生のお話しを伺う機会がありました。

講演終了後に「日本の人口は100年スパンでないと増加しないと思っているのですが、先生は何百年後に増加するとお考えですか?」と質問。

先生から明解な回答を得ることはできませんでしたが、「純粋な日本人は今後、増加することはない」と受け止めました。

先生のHP「日本の子ども人口時計」によると、子どもの数が一人になるのが1365年後だと。

人口減少する中でいかに会社を存続させていくか。

より真剣に考えなくてはなりません。

日本の子ども人口時計2019